格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

トップ > 基本情報 > 安い理由 > 機内サービス

なぜ安くできるのか〜機内サービス〜

格安航空会社LCCはなぜ安くできるのか。それにはさまざまな理由があります。航空会社がもっとも工夫している点でもあります。ここでは、機内サービスの省略について考えてみましょう。

機内サービスの省略と有料化

格安航空会社LCCでは、機内サービスは極限まで抑えられています。サービスのドリンクは有料ですし、アメニティ類はありません。ドリンクやアメニティが必要なら、事前に自分で用意しておくか、機内で購入するほかありません。

国際線でも、機内食が出ないケースが多いです。機内食の費用を節約しているのです。そのかわりに、機内で有料の食事を販売します。食事、といっても、レンジで温めるだけのような簡単なもので、カップラーメンなどが用意されていることもあります。

国際線であっても、ドリンクは有料が原則です。水だって有料です。こうしたものを全て「別料金」にすることで、本体価格を下げているのです。

機内のエンターテインメントも省略されています。映画や音楽のサービスが全くなかったり、あっても有料だったりします。あるいは、音楽は無料だけれど、イヤホンは有料、という場合もあります。その場合は、自分でイヤホンを持っていれば、無料で音楽を聴くことはできます。

ひざ掛けや毛布、ブランケットの類も用意されていないか、有料の場合が多いです。有料ならまだしも、用意されていないと、機内が寒かったときに困ります。そのため、格安航空会社LCCに乗るときは、上着を多めに持っていきましょう。

手厚いサービスの会社も

さて、上記のような機内のサービスを、あまり省略していない格安航空会社LCCもあります。日本ならスカイマーク、スターフライヤーなど、ヨーロッパならエアベルリンなどがそうです。また、韓国系のLCCは、どこも簡単な機内食(軽食)を提供しますし、ドリンクの一部は無料です。このように、格安航空会社LCCと一言でいっても、国や会社によってサービス内容には差があります。

機内サービスを有料化することで儲けようとしている会社もあれば、たんにコストダウンのためにサービスを省略しているだけの会社もあります。いずれにしろ、機内サービスを省略していても、機内販売は充実していることも多く、ある意味、お金さえ払えば大手航空会社よりもさまざまな選択肢があります。機内食も好きなものを買えばいいので、それはそれで悪くない、という意見もあります。

なぜ安くできるのか。次は、機種の統一について解説します。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP