格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

格安航空会社LCCの名古屋(中部)空港路線

中部国際空港セントレア(名古屋)では、ピーチ、ジェットスター・ジャパンやスカイマークなどが就航しています。かつて拠点にしていたエアアジア・ジャパンは2020年10月に撤退しています。

国際線については、チュジュ航空、セブパシフィック、香港エクスプレスなどが就航しています。

中部のLCC国内線就航路線

スカイマーク
新千歳、鹿児島、那覇
エアドゥ
新千歳、函館
スターフライヤー
福岡
ソラシドエア
鹿児島、那覇
ピーチ
新千歳、札幌、那覇、石垣
ジェットスター・ジャパン
新千歳、福岡、鹿児島、那覇

中部のLCC国際線就航路線

ジェットスター・ジャパン
フィリピン=マニラ
チェジュ航空
韓国=仁川
エアプサン
韓国=プサン
ティーウェイ
韓国=仁川 、済州島、アメリカ=グアム
春秋航空
中国=上海、寧波
タイガーエア台湾
台湾=台北、高雄
セブ・パシフィック
フィリピン=マニラ
香港エクスプレス
香港
タイ・エアアジアX
バンコク(ドン・ムアン)
タイ・ライオンエア
バンコク(ドン・ムアン)

中部空港のLCC将来像

画像:愛知県ウェブサイトより

中部空港セントレアは、成田、関西に次ぐ日本第三の国際空港の位置づけです。立地的に成田や関西が近すぎるため、国内では札幌や福岡、鹿児島、那覇への航空路線が主力になります。

そのため、格安航空会社LCCに関しては、成田、関西に比べて出遅れていましたが、2017年にエアアジア・ジャパンが本拠を置いて新千歳線の運航を開始。同社は新型コロナの影響で2020年に撤退しましたが、その穴をピーチが埋め、本格的なLCC時代が訪れたといえそうです。

国際線のLCCは中台韓路線を中心に増えていて、今後もさらに期待できそうです。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP