格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

格安航空会社LCCの旭川空港路線

旭川空港は、北海道の地方空港ながら、スカイマークとエアドゥという2つの格安航空会社LCCが就航してきました。しかし、スカイマークが2014年3月限りで撤退。ピーチやジェットスターといった本格的LCCも路線を開設していません。

国際線のLCCは2015年3月に春秋航空が初就航となりましたが、2016年10月に撤退。その後、タイガーエア台湾が台北線を開設しました。北海道の観光需要を考えると、国際線は今後も期待が持てそうです。

旭川のLCC国内線就航路線

エアドゥ
羽田

旭川のLCC国際線就航路線

タイガーエア台湾
台北 (2018年3月開設)
春秋航空
上海 (2016年10月撤退)

旭川空港のLCC将来像

旭川空港の利用客数は、北海道では新千歳、函館に次いで第三位。立ち位置としてまだ微妙です。

ただ、旭川には観光地がありますし、航空会社としては、旭川に路線を持つことで、片道新千歳利用者の道内回遊客を取り込める効果もあります。つまり、旭川路線は新千歳線の搭乗率向上にも効果があるのです。

そういう理由もあり、旭川空港の格安航空会社LCCは今後も手堅く推移していくと思われます。

国際線についても、新千歳空港の発着枠が厳しくなってきたため、代替空港として旭川の存在価値は高まっています。今後も、LCCが増えていく可能性はあるでしょう。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本LCC

↑ PAGE TOP