格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

トップ > 就航地 > 北海道 > 新千歳

格安航空会社LCCの札幌(新千歳)空港路線

札幌(新千歳)空港から本土は、航空会社のドル箱路線。それだけに、格安航空会社LCCも各地から便を就航させています。

国内線としては、札幌〜羽田・成田、札幌〜中部、札幌〜関西・神戸などの基幹路線のほか、仙台なども便があります。国内移動では札幌はLCCを使うのに適した場所といえます。

国際線も、札幌〜ソウル(仁川)など多数の路線がLCCによって就航しています。

北海道には、アジアからの観光客が急増していますので、今後もアジア方面の国際線LCCが増えることが予想されます。

札幌(新千歳)のLCC国内線就航路線

スカイマーク
茨城、羽田、中部、神戸、福岡、那覇(季節運航)
エア・ドゥ
仙台、羽田、中部、神戸
ピーチ
仙台、関西 、福岡
ジェットスター・ジャパン
成田、中部、関西
バニラエア
成田
エアアジア・ジャパン
中部

札幌(新千歳)のLCC国際線就航路線

ピーチ
台湾=台北
チェジュ航空
韓国=仁川
エアプサン
韓国=釜山 、大邱
イースター航空
韓国=仁川、釜山
ジンエアー
韓国=仁川
ティーウェイ
韓国=仁川
春秋航空
上海
タイ・エアアジアX
バンコク(ドンムアン)
エアアジアX
クアラルンプール
スクート
台湾=台北、シンガポール

札幌(新千歳)のLCC将来像

新国際線ターミナル。画像:新千歳空港ターミナルビル・プレスリリース

北海道は日本人にも外国人にも人気の観光地で、新千歳空港はその拠点です。そのため乗り入れ希望の航空会社は多く、格安航空会社LCCも豊富です。

日本の基幹空港の一つですし、混雑は激しく、滑走路一本の自衛隊との共用空港という事情もあり、時間帯によっては増便が難しくなっているようです。2019年には国際線の新ターミナルが完成し、ボーディングブリッジなども大幅に増強されます。

新たな誘導路の建設も整備され、これを機会に、アジア各国からさらなるLCC就航も見込めそうです。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP