格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

トップ > 基本情報 > チケットの買い方

格安航空会社LCCの探し方とチケットの購入法

格安航空会社LCCは、旅行会社を通さない「直販」が基本です。そのため、旅行会社などに行っても購入できず、販売窓口もほとんどありません。どこにどんなLCCが就航しているかもわかりません。では、どうやって探したらいいのでしょうか。

チケット販売はインターネットが主流

格安航空会社LCCのチケット販売は、ほぼインターネットの自社サイトに限られます。そのほか、コンビニや電話での販売もあります。ただし、コンビニ販売は画面操作が面倒ですし、電話では手数料がかかる場合があります。ピーチでは、電話予約というだけで1,000円以上も余分に取られてしまいます。

一部航空会社では、H.I.S.などの旅行会社で購入できる場合もあります。またエクスペディアのような旅行サイトでも販売されている場合もあります。ただ、基本は自社サイト販売のため、LCCチケットを探すには、それぞれのホームページを確認するのが早道です。

当サイトでは、日本に就航している全ての格安航空会社LCCを網羅しています。航空会社名や「就航地」から就航路線を探してみてください。

チケットの購入法

インターネットでのチケット購入は、航空会社サイトで空席と運賃をチェックして、決めたらフォームに入力していく、というだけです。ジェットスターやエアアジアのように、機内食が別料金の場合は、機内食をオーダーするか、手荷物はどのくらいなのか、などのフォームがあります。簡単なのでそれほど苦労することはないでしょう。

ただし、絶対に守らなければならない注意点を一つ。

・自分のメールアドレスを間違えない

きわめて当たり前のことですが、これを間違えると、予約確認書などの大事な書類が送られてきません。それがないと飛行機には乗れません。間違えたことに気づいて、メールアドレスを訂正して送り直してもらうのはすごい手間がかかりますし、場合によっては、その程度のことでも手数料を取られてしまいます。

購入にはクレジットカードが必要で、国際線の場合はパスポートも事前に取得済みであることが望ましいでしょう。アルファベットの氏名の入力間違いをしてしまうと搭乗できなくなりますし、変更もできませんので、絶対に間違えてはいけません。

基本的に、「融通は利かない」というのが格安航空会社LCCです。

ヤフオクやメルカリでチケットを購入してはならない

格安航空会社LCCでは、ときどき「100円」などという超破格のキャンペーンチケットが販売されます。そういうチケットはなかなか手に入れられませんので、入手・転売して利益を得ようとする人がいます。100円で仕入れたチケットなら1,000円で販売しても利益がでます。2,000円で仕入れても4,000円なら利益です。キャンペーンチケットは、利益を乗せて転売してもまだ安いのですね。

ただ、こうしたチケットの転売はほぼ禁止されています。さらに、他人名義のチケットで飛行機に乗ることはできません。LCCでは、搭乗時にクレジットカードや免許証などの身分証明書の持参を求めているケースがほとんどです。国内線でも、身分証明書のチェックが行われることがあります。他人名義のチケットとわかった場合は、搭乗を拒否されます。そのため、ヤフオクやメルカリなどで転売チケットは購入してはいけません。

ただし、名義変更を合法的に行うことのできるチケットの場合は、名義変更を行った上で購入してもいいでしょう。ただし、そうすると手数料がかかるので、名義変更対応のチケットが格安で売られていることはほとんどないと思われます。ということで、やっぱり転売チケットは買わないほうが無難です。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP