格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

トップ > 国内LCC > ジェットスター・ジャパン

ジェットスター国内線の口コミ・評判・感想

■ジェットスター・ジャパン(ジェットスター・ジャパン株式会社 : GK)
オーストラリアの大手航空会社カンタス航空系列の格安航空会社LCCがジェットスター。そのカンタスグループと、日本航空、三菱商事の3社が出資する格安航空会社LCCがジェットスター・ジャパンです。2012年7月に、日本国内での旅客運航を開始しました。2015年には日本発着の国際線にも進出しています。

豪ジェットスターとホームページも同じで、ブランド名も「ジェットスター (Jet★)」ですので、利用者の視点としては「ジャパン」にあまりこだわる必要はありません。ジェットスターが日本国内線や日本~アジア路線に進出した、ととらえておけばいいでしょう。なお、オーストラリア方面の国際線については、ジェットスターの項目をご覧ください。

【関連項目】

ジェットスター・ジャパンとは?

ジェットスターの日本法人がジェットスター・ジャパンです。おもに日本国内線を運航しますが、アジア各地への国際線もあります。最初の就航は2012年7月3日の、成田〜札幌、福岡線。その後、那覇、関西、大分、松山などへ路線展開。成田・関西をハブに国内の主要幹線を網羅しています。2015年2月から、初の国際線として香港線が開設されています。

今後も、機材の増強を予定しており、ピーチと勢力を二分する国内LCCです。

通常期なら、諸経費込みで北海道や九州、沖縄へ1万円以下で行くことができます。ただし、預け手荷物など、細かい手数料が設定されていますので、利用時には注意が必要です。

ジェットスター・ジャパンの口コミ・評判・感想まとめ

  • 1万円程度でだいたいどこでも行ける。素直に安い。
  • 手数料が高い。おまけにどんどん値上げされている。
  • 成田6時台発の便に乗るのは大変。しかし激安便は6時台ばかり。
  • 新造機で機内は綺麗。
  • 価格は安い。大手に乗るが馬鹿らしくなるくらい安い。
  • 購入時に手数料がなにかとかかる。それがまたひっそり値上げされていたりする。
  • コンビニで直接購入できる。ただし操作は複雑。
  • 「プラス」の機内バウチャーは、コーヒーとクッキーのセットか、ビールのおつまみセットに使うのがいい。
  • コーヒーはセットの場合はおかわり自由。ただしインスタント。
  • 「プラス」のフライトバウチャーは有効期限が短い(3ヶ月)。ひたすらジェットスターに乗り続ける人以外には無意味。
  • キャンペーンは会員優先。メールで告知。一般人が知った頃には終わっている。
  • コールセンターの電話は絶望的につながらない。
  • 座席は狭かったが、普通の体型なら我慢できるレベル。座り心地はいい。
  • 成田に22時頃に着く便は遅延が怖い。
  • 鹿児島便は要注意!降灰での欠航が多すぎ。他の会社が運航していても、ジェットスターだけ「降灰欠航」することがある。
  • 持ち込み手荷物のチェックは最近厳しくなってきた。
  • 預け手荷物の個数制限はなし。重量制限のみ。これは良い制度。
  • 飛行機までのバスに詰め込みすぎ。
  • 機内サービスのお弁当は量が少ない。お菓子セットはあまりに高い。
  • 客室乗務員はきびきび。英語がとても上手で驚いた。経験者が多い様子。
  • LCCのなかではしっかりした会社のイメージ。
  • 欠航時にJALへの振替あり。ホテル代をくれることもある。LCCにしては珍しい。
  • 前方席を指定したのに座れなかった。それなのに座席指定料金の返金はされないとか。
  • 整備士の規定違反が発覚したが、きちんと安全確認が行われているのか不安。
  • 最近は遅延や欠航は減った。価格は安くてクオリティは高い航空会社になったと思う。

ジェットスター・ジャパンの運賃・料金制度

ジェットスターの日本国内線料金は、「エコノミークラス料金」のみです。さらにオプションで、預け荷物の追加、事前座席指定、日時の変更手数料無料などを、希望にあわせて追加することができます。

エコノミークラスの「基本料金」は「スターター」といいます。スターターでは、7kgまでの持込手荷物が無料です。それ以外に、15キロから40キロまでの範囲で、5キロ刻みで受託手荷物(機内預け荷物)を預けられます。この手荷物料金は事前に支払う必要があり、最小の15kgが、日本の国内線では1030円になっています。ただし、次の20kgが1130円の設定とあまり値段が変わらないので、15kgという微妙な重さを選ぶ必要性はあまりありません。

この手荷物料金は、札幌線、那覇線に関しては価格が高めに設定されていて、繁忙期はさらに200円増しになります。

基本料金と手荷物料金のほかに「プラス」「マックス」というオプションを付けることができます。札幌、那覇線で支払手数料と手荷物料金を足すと、軽く2000円を超えますので要注意。

「プラス」には、「400円フライトバウチャー」「10kgの受託手荷物枠」「日時・氏名の変更手数料無料」「スタンダードシート座席選択」「欠航・遅延時見舞金1万円」のオプションが付き、1350円です。ただし札幌線と那覇線に関しては1450円(繁忙期1650円)です。フライトバウチャーの有効期限は3ヶ月と短いので、頻繁に旅行する人以外は利用価値がありません。

「欠航・遅延時見舞金」は、6時間以上の遅延または欠航時に1万円が支払われるというもの。ただし、12時間前に欠航・遅延を予告した場合は支払われません。手続も面倒で、「そういうおまけがある」程度に認識しておけばいいでしょう。

「マックス」は払戻可の運賃ですが、かなり高額のオプションで、運賃そのものより高かったりしますので、現実的には選択肢に入らないでしょう。なお、「フライトバウチャー」とは、予約時に代金の一部として利用できるクーポンの一種ですが、あまり使い勝手がいいとはいえません。

広告

ジェットスター・ジャパンの手数料

ジェットスターの日本国内線の予約時に必要な手数料と、手荷物料金などは以下の通りです。ジェットスターの手数料体系は変更されることが多いので、最新の情報は各自ご確認ください。手数料の値上げはあまり告知されずにひっそり行われるようです。手数料は多く、しかも結構高いので、「見かけの運賃」だけに惑わされないように。

なお、支払手数料430円は1人1区間につきかかります。往復を一度に予約したら1人860円です。

支払手数料
430円
エクストラレッグルーム(最前列の座席指定)
980円
アップフロント(前方席指定)
670円
スタンダード席座席指定 
460円
払戻手数料
3090円(ただし、ほとんどのエコノミーチケットは払戻不可)
変更手数料(インターネット)  
3240円(変更不可のチケットもあり)
変更手数料(コールセンター)
4320円(変更不可のチケットもあり)
予約手数料 
2780円(コールセンター、カウンターなどでの予約、購入時のみ必要)
預け手荷物(予約時支払)
重さ15kgまで 1,030円/1,440円
重さ20kgまで 1,130円/1,540円
重さ25kgまで 1,650円/2,060円
重さ30kgまで 2,060円/2,470円
重さ35kgまで 2,780円/3,190円
重さ40kgまで 3,290円/3,700円
※右が那覇、新千歳線、左はそれ以外
※繁忙期は200円〜210円増し
預け手荷物(予約後事前支払)
重さ 5kgまで 1,440円
重さ10㎏まで 1,650円
重さ15kgまで 1,850円
重さ20kgまで 1,950円
重さ25kgまで 2,780円
重さ30kgまで 3,500円
重さ35kgまで 4,530円
重さ40kgまで 5,040円
預け手荷物 (当日支払)
重さ15kgまで 2,570円
重量超過料金
1kg につき 770円
機内持込荷物
10kg以内、56cm x 36cm x 23cmまで。無料。
到着遅延料
通常の搭乗手続き終了時刻後で、当初の予定出発 時刻以前に搭乗手続きカウンターに到着した場合に、到着遅延料を支払うことで次便の空席に搭乗できる。3,000円。

ジェットスターの利用で注意しなければならないのは、預け手荷物(受託手荷物)です。予約時に支払えば、1000円程度で済みますが、当日に支払うと2,570円と値段があがります。また、当日の超過料金は1kgにつき770円と、結構な値段ですので注意しましょう。

さらに、空港カウンターやコールセンターで預け手荷物の購入をすると値段が高くなります。

広告

ジェットスター・ジャパンのマイレージ・サービス

ジェットスター・ジャパンにはマイレージプログラムはありません。ただし、「プラス」また「マックス」のオプションを付けると、JALマイレージバンクのマイルが25%積算されます。また、JALのマイレージ会員はマイルをジェットスター・ジャパンの国内線に使用することができます。

ジェットスター本体の国際線では、一部の料金種別では、ジェットスターの親会社である、カンタス航空のマイレージプログラムに加算可能です。

ジェットスター・ジャパンの口コミ・評判・感想

ジェットスターは、国内線としてはピーチに次ぐ二番目の格安航空会社LCCです。国際線のジェットスターと違って、手荷物料金は国際線に比べて安く抑えています。

最低価格補償制度を導入していて「どの会社よりも安い運賃を設定する」としています。ただし、「前後1時間の便の同区間」が条件。成田発着の国内線では「同区間で前後1時間の他社便」は数が少なく、対象便は限られます。さらに「コールセンターに電話をかける必要があり、面倒。電話もつながりにくい」という意見もありました。なので、最低価格補償をアテにせず、冷静に各社運賃を比較してから購入するのがよさそうです。なお、ジェットスターの支払手数料は当初200円でしたが、どんどん値上げされ2014年4月からは430円に。国内LCCでは最高水準ですが、検索時に表示されている価格には含まれていないので注意しましょう。

また、ジェットスターが宣伝で使う「最安値運賃」は、成田を午前6時台に出発する便に設定されているものが多く、昼間の使いやすい時間帯のフライトはそれほど安くありません。早朝便は成田空港まで行くのが大変で、始発電車でも間に合わないこともあります。「最安値」に惑わされず、自分が使える便の価格を見て冷静に購入しましょう。

料金体系では「マックスのオプションはほとんど意味がない」という声が多いようです。「プラス」については便の変更が手数料無料で可能なため、高い運賃で予約する際には付けてみるのもいいでしょう。どちらの運賃も受託手荷物の無料枠が付いているので、荷物を預ける人も使ってみるといいでしょう。

チケットの購入に関しては、ローソン・ミニストップの「ロッピー」端末で直接予約・購入できます。これは大手航空会社も含めて日本初のサービス。これまでも支払だけをコンビニで行うことができましたが、端末での直接予約可能なのはジェットスター・ジャパンが初めてです。パソコンを持っていない人には便利ですが、実際に端末で操作してみるとかなり面倒。ジェットスターの料金システムを理解していないと使いこなすには難しそうです。

座席指定に関しては、スケジュール変更などの際には解消されることがあり、「確約できません」とホームページに明記されています。つまり料金を支払って座席指定してもそこに座れないことがあり、その場合も返金はされないようです。実際に「指定した席に座れなかったけれど返金されない」という苦情もあるようですので、頭の片隅に置いておきましょう。ただし、これはあんまりな話なので、強く要求すれば返金されるかもしれません。

ジェットスター・ジャパンが他のLCCと違うのは、「自社都合による欠航時には補償をする」という点。千歳発の成田に22時台に到着する飛行機が欠航した際は、ホテル代の負担などの措置をとりました。驚いたことに、バードストライクで欠航が発生したときも同様の対応でした。バードストライクは航空会社に非はないのですが、それでも補償したというのはかなり立派です。また、JAL便への振替が行われたこともあります。「LCCとは思えない手厚すぎる対応」という声が、航空業界に詳しい人から漏れています。ただし、「ジェットスターは他社に比べてバードストライクが多すぎる気がする」という声もあり。「本当にバードストライクがそんなに頻発するなら、何か対策を考えたほうがいい」という意味深な意見も。

ジェットスターの拠点は成田空港ですが、 2015年4月8日より、LCCターミナルを使用しています。このターミナルは鉄道駅(空港第2ビル駅)からは15分程度歩きますので、乗るときは早めに到着しておきましょう。高速バスなどの場合は、バス停からカウンターまで5分ほどで着けます。

成田空港はそうでなくても遠いので、成田発朝6時台の飛行機に乗るときは、とくに注意しましょう。最近はバスの深夜便が充実してきましたので、深夜または未明に都内を出るバスに乗れば早朝の成田に着けます。また、逆に成田に22時頃に到着する便は遅延すると欠航になる可能性もあるので要注意。成田空港は23時以降の着陸を原則として認めていないからです。実際、札幌発成田行き最終便は何度か欠航を起こした経緯もあります。

この最終便に限らず、遅延に関しては気を付けたほうがいいでしょう。遅延理由はジェットスターだけの問題ではなく、「成田空港は混雑しすぎていて、離陸するまで時間がかかりすぎる」という指摘があります。成田をハブにする限り、遅延が発生しやすいのです。ただ、遅延については、予備機が増えて機材繰りに余裕が出てきたせいか、以前に比べれば改善。定時運航率は90%を維持するようになりました。

鹿児島路線に関しては、「桜島の降灰に慣れていないようで、ちょっとのことですぐに欠航する」という体験談が。「オーストラリア本国では火山の降灰に対する欠航基準が厳しいらしく、それが日本にも適用されているのでは?」との推測も。いずれにしろ、鹿児島線は他の航空会社運航しているときでも「降灰欠航」が発生しているようですので、利用時は注意しましょう。

時刻変更にも注意が必要です。ジェットスターはとにかく時刻変更が多いです。2012年冬ダイヤでは、成田〜関西線を6時間以上も時刻変更。「14時で予約したつもりが21時台に勝手に変更されてしまった」「17時台に成田に着くはずだったのに22時に変更されていた。どうやって家まで帰ればいいのか」との悲鳴があがりました。大幅な時刻変更に関しては返金に応じているようですが、数時間の時刻変更では前後便への振替のみの対応です。「この対応はひどすぎる。時間帯の良い便で釣って予約させておいて、不便な時間に変えて返金もしないとは」と怒りの声も。それがLCCクオリティなわけですが、防衛策として、あまり先の予約は入れないほうがいいでしょう。

さらに、上記の便では、冬ダイヤ開始2週間前になって「機材繰りが付かないから欠航」と発表。あまりのずさんなダイヤ計画には、さすがのファンからも呆れた声が出ました。

そのうえさらに、2012年11月には、整備士の規定違反が発覚。大幅な運航便数削減を余儀なくされています。2013年2月には、エンジン故障による大量欠航を発生させています。さらに、2013年4月にも「機材整備」を理由にした欠航が相次ぎました。いずれも予約済みの客がいる便が大量欠航したわけです。

しかし、2013年末頃からはオペレーションが安定してきており、最近はこうした事態は減少してきました。

また、チェックインは混雑することもあります。「空港での時間を短縮するために、ウェブチェックインは必須。搭乗48時間前からできるので、忘れずに行った方が良い」とのアドバイスもありました。

地上オペレーションは、以前はいろいろ問題がありましたが、最近は安定してきました。搭乗時に機内持ち込み荷物の計量が行われることもあります。また、見た目に荷物の多い人はチェックが行われます。機内持込手荷物の重量制限は7kgなので要注意です。オーバーしたら手荷物料金を請求されますが、お高めです。

広告

機内食は飲み物、フードメニュー、スナック類などが多彩です。もちろん全て有料。お弁当は量が少ないようですし、それ以外のフードメニューはコンビニで買えるようなものが多いので、記念以外ではオーダーする価値は微妙です。実際、国内線の機内食はほとんど売れていない様子で、搭載しているメニューは少しずつ減っているようです。機内食は、世界最大手のケータリング会社の日本子会社であるゲートグルメジャパンが提供します。

客室乗務員については、「格安航空会社LCCのCAにしてはてきぱきしていて、サービス水準が高い」という口コミが複数ありました。「オペレーションはひどいが、機内はプロ。しっかりしている」との声も。ジェットスター・ジャパンの場合は、JALや外資系の経験者を大量採用したから、ということのようです。他の国内LCCは未経験者中心で集めましたから、そこは大きな違いです。ただ、いつまでも経験者ばかり集められるわけではないでしょうから、今後はどうなるかは不明です。

機体はエアバスA320型で180席。ANAの同型機が166席ですので、2列多い計算です。ピーチの同型機と同じシートピッチで、国内LCCでは標準的な座席配置です。普通体型の人なら、それほど圧迫感を感じることはありません。

ジェットスター・ジャパンの総合評価

オーストラリアのゴールドコーストやケアンズへの旅行へは、もはやファーストチョイスとなったジェットスター。それだけに知名度はもともと高く、国内線就航は大きな期待を持って迎えられました。設定された値段は安く、その期待に答えているといえるでしょう。ただし、使いやすい時間帯の便は少なく、成田の不便にくわえ、ダイヤに関する混乱もあり、就航当初は集客には苦戦している様子がうかがえました。

とくに、2012年冬ダイヤにおいて、整備士の規定違反で国土交通省から厳重注意を受けたことの影響は大きく、利用者も大きなショックを受けています。2013年10月にも再び国土交通省から注意を受け、さすがに同省も呆れた様子。急速な路線網拡大に、社内組織が追いついていない様子がうかがえました。A320型機は日本ではこれまで使われてこなかったため、整備士の確保が難しいようで、それが整備士不足につながっている理由のようです。

しかし、2014年頃に入り、オペレーションは安定してきており、かつてのような混乱は激減しました。遅延や欠航も激減し、安定した運航を続けています。

また、機内サービスやアテンダントの対応の質は、大手航空会社顔負けの水準とも評価する声があります。そのあたりはさすがにカンタス・日本航空系、ということでしょうか。「乗ってしまえばきわめてまともな航空会社」という口コミに現れています。

欠航時にホテルを手配したり、JALへの振替を行ったり、というのは、ピーチやバニラにはない対応で、評価されていいでしょう。

2013年よりJAL、カンタスとの共同運行便が設定されています。成田・関西空港におけるJAL、カンタス国際線との接続便がコードシェアの対象になります。JALのマイレージの積算も開始されました。今後は、コードシェアをしながら、JALの成田路線がジェットスターに移管されていく可能性が高く、そうなればジェットスターの便数は増えて便利になるでしょう。

※口コミ、評判は、当サイト関係者の乗車した印象や、実際に乗った人からの感想を集めたものです。公平を心がけていますが、主観が混じっていますので、ご了承下さい。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP