格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

ジェットスターのチケットをキャンセル・払い戻しするには

ジェットスター(ジェットスター・ジャパンも含む。以下同)では、最低価格で購入した場合は原則としてキャンセルはできません。ただし、予約時に選択したオプションによっては、キャンセル→払戻しができる場合もあります。

ここでは、ジェットスター及びジェットスタージャパンのチケットのキャンセル・払い戻しのルールと方法を解説します。

ジェットスターで払戻しができる運賃

チケットの購入時に「Plus(プラス)」「Max(マックス)」のオプションを選択した場合はキャンセル→払い戻しができます。ただし、払い戻しはフライトバウチャーでの払い戻しになります。フライトバウチャーは、次回の予約時のチケット支払いなどに使えます。現金の払い戻しはできません。つまり、ジェットスターでは、原則として払い戻しはできないと考えた方がいいでしょう。

ただし、「ビジネスクラス」を「マックス」で購入した場合は、現金での払い戻しが可能です。その際は、払戻手数料がかかります。払戻手数料は、オーストラリア方面の国際線の場合は4,000円です。

ジェットスターで払戻しができない運賃

チケットの購入時に「Biz(ビズ)」のオプションを選択した場合、または、オプションを全く選択しないで基本運賃で購入した場合(「スターターStarter」という)は、いずれもキャンセル(払い戻し)はできません。

Bizの場合は変更は可能です。スターターの場合は、予約した便に乗れなかった場合は、チケットは無効になります。

原則は払戻し不可と考える

このように、ジェットスターでキャンセル→現金払い戻しが可能なのは「ビジネスMax」運賃の場合のみです。ただ、ビジネスクラスは国際線にしかありませんし、「Max」運賃はかなり高いので、このオプションを選ぶ人はあまり多くないでしょう。

そのため、エコノミークラスを普通の運賃で利用している限り、払い戻しは不可と考えた方が良いでしょう。

エコノミークラスでも、「Plus」と「Max」を付けていた場合は、フライトバウチャーの払い戻しは可能です。バウチャーは次回のチケット予約くらいにしか使い道がありませんし、有効期限は発行日から183日間(約6ヶ月)です。したがって、フライトバウチャーで払い戻してもらっても、半年以内に次回の旅行の予定がないとあまり意味がありません。

ジェットスターのキャンセル・払戻しの方法

ジェットスターで払い戻しをする場合は、同社のコールセンターに電話をしてキャンセル処理をしてもらいます。現在のところ、ウェブ上でのキャンセル処理はできないようです。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP