格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

トップ > アジアLCC > ジェットスター

ジェットスター(オーストラリア)の口コミ・評判・感想

ジェットスター航空(Jetstar AirwaysAirAsia : JQ)
オーストラリアの大手航空会社カンタス航空系列の格安航空会社LCCです。2004年に旅客運航を開始しました。

カンタス航空の子会社として、シンガポールにジェットスター・アジア航空、ベトナムにジェットスター・パシフィック航空があります。いずれもブランド名は「ジェットスター (Jet★)」に統一されていますので、ここではすべての関連会社を含めて「ジェットスター」と呼びます。ただし、日本国内線を運航する「ジェットスター・ジャパン」に関しては、日本の格安航空会社LCCとして、別に解説していますので、「ジェットスター・ジャパン」の項目をご覧ください。

【関連項目】

ジェットスターとは?

ジェットスターの日本就航路線は、成田・関空とケアンズ・ゴールドコーストが主力。日本への就航は2007年と他のLCCより早く、すでに一定の評価を得ています。また、オーストラリア以外の路線としては、関空と台北、シンガポールを結ぶ路線を2010年に開設させました。2012年11月には、関空〜シンガポール〜ダーウィン線を開設。2014年には成田〜メルボルン線、福岡〜バンコク〜シンガポール線も開設しました。

カンタス航空の子会社ということで、大手のレガシーキャリアの支援を得ているようなイメージがありますが、人材や機材の共有などは全く行っていません。 

通常期なら、諸経費込みでオーストラリアへ7万円程度で往復できます。預け手荷物など、細かい手数料が設定されていますので、利用時には注意が必要です。

ジェットスターの口コミ・評判・感想まとめ

  • 座席は普通。とくに狭くはない。
  • 機内食はコンビニ弁当並み。コンビニ弁当を食える人なら…。
  • 機内食で起こされたりしないので、寝ているだけならこれで十分。
  • 何度か利用したが、たいてい遅れる。遅れても何の補償もなし。
  • 東日本大震災時の対応が悪かった。
  • スタッフの質は今ひとつ。
  • 機内でオーディオ借りるときに、身分証明書を見せるのが面倒。
  • ケアンズまでは安いが、シドニーまでだと、カンタスとあまり変わらない。
  • 機内ですぐ寝てしまう人には良い航空会社。
  • 機内食はエコノミーとしてはまあこんなもの。
  • 期待をせずに乗ったら、思ったより対応もよかった
  • となりが空席だったのでシートは楽だった。
  • シートは大手航空会社と変わらない。
  • ビジネスクラスはエコノミーより少し広い程度。大手のプレエコ並み。

ジェットスターの運賃・料金制度

ジェットスターの基本料金は、「エコノミークラス料金」、「ビジネスクラス料金」の2種類で、それぞれオプションで、機内食の追加、預け荷物の追加、事前座席指定、カンタスマイレージの付与などを、希望にあわせて追加することができます。

エコノミークラスでは、基本料金の「スターター」で、7kgまでの持込手荷物無料です。それ以外に、15キロから40キロまでの範囲で、5キロ刻みで受託手荷物(機内預け荷物)を預けられます。この手荷物料金は事前に支払う必要があり、最小の15kgが、日本−オーストラリア間で2500円になっています。

基本料金のほかに「プラス」「マックス」というオプションを付けることができます。「プラス」には、「機内食」「優先搭乗」「カンタス・マイレージの付与」「変更手数料無料」「座席指定」「20kgまでの受託手荷物枠」のオプションが付き、日本−オーストラリア間で4,000円〜6,000円程度です。「マックス」は払戻可の運賃ですが、かなり高額なので、現実的には選択肢に入らないでしょう。

ビジネスクラスでは、基本料金で、カンタス航空のマイレージ付与無し、空港でのラウンジ利用なしとしていますが、ビジネスクラスとしては、「格安」といえる料金になっています。ビジネスクラスには「マックス」のオプションのみあります。ビジネスクラスの「マックス」は、エコノミーの「マックス」よりも低額です(基本料金が高いためと思われます)。

上記の「基本料金」「プラス」「マックス」以外では、機内サービスの予約はできません。機内食などは搭乗後にオーダーすることもできますが、ホットミールが12豪ドル(約1000円)と、清涼飲料水3豪ドル(約240円)、ビール7豪ドル(約560円)と、やや割高です。

スクリーン上映のビデオが3豪ドル(約240円)、ビデオ・オン・デマンドが15豪ドル(約1200円)です。〔※ここまでのサービス料金などは、全て日本・豪州線についてです〕

広告

ジェットスターの手数料

ジェットスターでは、予約時の手数料が簡略化され、上記「料金体系」に示したように「手荷物重量」と「オプション」にまとめられました。手荷物と、それ以外の払戻、変更などに関わる手数料は以下の通りです。以下の数字は、日本−オーストラリア間の例ですが、あくまで一つの目安、あるいは一例としてください。区間によって異なる場合がありますし、手数料体型は頻繁に変更されますので、ご利用時にはご自身でお確かめください。

払戻手数料
4,000円(ただし、ほとんどのエコノミーチケットは払戻不可)
変更手数料(インターネット)
5,500円(変更不可のチケットもあり)
変更手数料(コールセンター)
9,300円(変更不可のチケットもあり)
予約手数料
4,200円(コールセンター、カウンターなどでの予約、購入時のみ必要)
預け手荷物(左:予約時支払 右:予約後支払)
重さ15kgまで 2,500円 3,950円
重さ20kgまで 3,000円 4,500円
重さ25kgまで 3,400円 5,100円
重さ30kgまで 5,100円 7,650円
重さ35kgまで 5,500円 8,250円
重さ40kgまで 6,000円 9,000円
預け手荷物 (当日支払)
重さ20kgまで 16,000円
重量超過料金
1kg につき 1,500円
機内持込荷物(無料)
7kg以内、56cm x 36cm x 23cmまで。無料。

ジェットスターの利用で注意しなければならないのは、預け手荷物です。プラスオプションを付ければ20kgまで無料ですし、予約時に支払えば、2500〜3000円で済みますが、予約後に追加で設定するとそれが1.5倍の値段になります。さらに当日に支払うと16,000円と、航空券代に匹敵する料金がかかります。また、当日の超過料金も1kgにつき1,500円と、結構な値段ですので注意しましょう。

ジェットスターのマイレージ・サービス

ジェットスターにはマイレージプログラムはありません。ただし、一部の料金種別では、ジェットスターの親会社である、カンタス航空のマイレージプログラムかエミレーツのスカイワーズに加算可能です。JALのマイレージはジェットスター・ジャパンでは加算可能ですが、ジェットスターでは加算されません。

エコノミークラスの場合、「プラス」のオプションを付けるとマイレージが加算されます。

広告

ジェットスターの口コミ・評判・感想

ジェットスターは、日本に初めて就航した格安航空会社LCCです。そのため、就航当時は「LCCの流儀」が日本人あまり理解されず、評判はそれほどよくありませんでした。しかし、最近はLCCのスタイルが浸透してきたためか、評価は上がる傾向になってきたようです。

ジェットスターは、日本からオーストラリアへの路線が主なので、フライト時間は長く、食事がまず問題になります。機内食については、「美味しい」という良い評判はあまりありません。率直にいって期待しない方が良いでしょう。飲食物の機内持ち込みは可とされているので、搭乗前に空港で食事を済ませ、機内にはおにぎりなどを持ち込む方がいいかもしれません。

機内食が不要なら、料金体系の「プラス」のオプションは「付けないでもいいのでは?」という声が支配的。ただし、「プラス」は便の変更が手数料無料で可能なため、予定外の出来事に備えるにはいいかもしれません。

ジェットスターの乗車記や体験談での感想で多いのは「遅延やトラブル時の対応のまずさ」。格安航空LCCには遅延はつきものですが、その際の係員の対応があまりよくない、ということです。遅延が起きるかどうかは運の問題もありますが、数時間遅れることは、中長距離の国際線LCCではよくあることなので、それは覚悟しておきましょう。遅延時の他社便への振替もありません。また、2011年の東日本大震災の時には、成田での発着を一時的に停止しました。その際の対応に不満を述べる声は多く、非常時の対応はやはり「安かろう」といえます。

機内についてですが、国際線に関しては、長距離路線だけあって他のLCCに比べるとサービスは豊富で、「レガシィキャリアとそれほど変わらない」という意見もあります。ただ、そうしたサービスが全て原則として有料、というのが大手と異なる点です。国際線に関しては、シートピッチは大手と変わらない、という印象です。ただオーストラリア国内線はぎっちり詰め込まれます。

毛布なども有料で、室温は低めなので、羽織るものは必要です。「厚着をして乗れば問題ない」との声も。「TVのイヤホンまで有料だけれど、ひたすら寝ていれば必要無い。だいたいテレビや映画は必要不可欠なものではないので、有料が当たり前だと思う」というオトナの意見もありました。

日本路線の機材はエアバスA330-200型でしたが、2014年夏から順次ボーイング787に変更されています。ビジネスクラスが横7列(2-3-2)で21席、シートピッチ97センチ、シート幅48センチです。エコノミークラスは横9列(3-3-3)で314席、シートピッチ76センチ、シート幅43センチです。787のエコノミー横9列はやや詰め込みですが、最近では全日空などでも同様の配置です。

A330型機では、横8列(2-4-2)配置の303席で、大手航空会社と同じです。タイ航空の同型機が2クラスで299席ですので、ほぼ同じ。このように、国際線のシートピッチはとくに狭くありません。

広告

ジェットスターの総合評価

就航当初は厳密な手荷物計量に驚いて、追加料金を徴収される人が多かったというジェットスター。今は「LCCとは手荷物にうるさいものだ」という認識が全体に広まったうえ、予約時の預け手荷物の申込み方法がシンプルになったため、手荷物に関するさまざまなトラブルは減ったようです。また、「プラス」の仕組みもシンプルで、機内食を申し込む人も増えたようです。

ただ、「プラス」を申込み、20kgまでの荷物を付けたりすると、それなりのお値段になります。それでもケアンズやゴールドコーストへは安いですが、シドニーまで行くとカンタスなどと変わらない、という声も。たしかに、シドニーですと往復10万円近くになることが多いので、この値段なら、いろいろ煩わしいLCCよりも、レガシィキャリアのカンタスにでもしようかな、という気になる方もいるでしょう。

ジェットスターは日本〜シドニー間に直行便がありませんので、シドニーに行く場合は上記二カ所のどちらかでの乗り換えが発生します。シドニーへの運賃が安くない理由はその点にあるようです。シドニーへ行く場合は、JALかカンタスの直行便のほうが便利で快適でしょう。値段の差もそれほどないといえます。

逆に、ケアンズやゴールドコースト、メルボルンへの直行便はジェットスターだけです。JALとのコードシェアもしていますので、JALで予約しても機材はジェットスターです。ジェットスターは、格安航空会社LCCにしては機内サービスが整っているほうなので、JALとのコードシェアもできたのでしょう。

まとめると、ジェットスターは有料の機内サービス豊富な「格安航空会社LCC」です。サービスが豊富といってもLCCですから、快適性に期待を抱くのは禁物です。長距離路線の場合は遅れも発生しやすいですし、欠航時の振替もありません。そういうことも含めて、JALやカンタスより少し値段が安い、ということです。

※口コミ、評判は、当サイト関係者の乗車した印象や、実際に乗った人からの感想を集めたものです。公平を心がけていますが、主観が混じっていますので、ご了承下さい。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP