格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

格安航空会社LCCの米子空港路線

米子空港(米子鬼太郎空港)は利用者数では国内40位程度。数字では中下位ですが、山陰エリアの中心部に位置し、利便性は高い空港です。

LCCとしては、2013年12月からスカイマークが就航。成田、神戸、札幌などにも路線を延ばしましたが、スカイマークの経営破綻により廃止されました。

国際線に関しては、2012年4月に春秋航空のチャーター便が乗り入れて、初のLCC着陸となりました。2016年10月にはアシアナ航空から移管される形で、エアソウルが仁川線が開設されています。

鳥取県は米子空港のLCC誘致に積極的ですので、今後もLCCが増えてくる可能性はあります。

米子のLCC国内線就航路線

米子空港にLCC国内線はありません。

米子のLCC国際線就航路線

エアソウル
韓国=仁川

米子空港のLCC将来像

米子空港は、スカイマークが2013年12月から参入して山陰のハブとしました。スカイマークは経営再建のため路線を縮小しましたが、今後、復活される可能性はあります。

また、米子空港はレガシーキャリアとしてアシアナ航空が週3便ソウル線を就航させてきましたが、これがLCCのエアソウルに変更となりまました。定期便としては山陰初のLCC国際線となります。

山陰中央部に位置し、一応鉄道アクセスもあるのが米子空港の強み。今後LCCが増えてくる可能性はあるといえるでしょう。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP