格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

トップ > 就航地 > 中国四国 > 山口宇部

格安航空会社LCCの山口宇部空港路線

山口宇部空港には、2016年11月に、エアソウルが初めての国際線LCCとして就航となりました。これまでは、ジンエアーが済州線のチャーター便を運航させたことがありますが、定期便のLCCはありませんでした。

国内線では、2014年10月に、全日空の路線を事実上移管する形で、スターフライヤーが就航しました。スターフライヤーがLCCといえるかはともかくとして、大手航空会社以外の格安系の航空会社の就航とはいえるでしょう。

ただし、全日空とのコードシェア便ですので、驚くような低価格ではありません。

山口宇部のLCC国内線就航路線

スターフライヤー
羽田

山口宇部のLCC国際線就航路線

エアソウル
韓国=仁川(2016年11月就航)

山口宇部空港のLCC将来像

山口宇部空港の利用客数ランキングは全国で30位〜35位圏内です。国内線路線は羽田線のみで、JAL、ANAの両大手航空会社が就航していて、ANAの代替としてスターフライヤーが運航を開始しました。

山口宇部空港に航空路線が少ないのは、新幹線の利便性が高いからです。そして、近くに北九州空港があり、山口県西部ではそちらのほうが利便性が高いから、という理由もありそうです。さらに岩国空港開港で、ますます山口宇部空港の利用者数は伸び悩みそうです。

山口宇部に本格的なLCCが就航する可能性はありますが、しばらく先になりそうです。LCCが山口宇部に就航するとすれば、低価格を実現しやすい成田線が最有力でしょう。

国際線については、エアソウルが定期便LCCとして初めて就航となりました。ただ、近隣に広島や北九州、福岡といった大空港がひしめくなか、山口宇部に国際線LCCが増えていくかというと、なかなか難しい側面もありそうです。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP