格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

トップ > アジアLCC > ティーウェイ

ティーウェイ航空(韓国)の口コミ・評判・感想

ティーウェイ航空(T'Way Airlines、TW)
2004年に設立された、韓国で最初の格安航空会社LCC。設立時は韓星航空という名称でしたが経営難が続き、2010年に新資本が入り現社名に変更されました。IATAコード「TW」は、かつて「TWA」が使っていた伝統ある略号です(TWAは消滅してしまいましたが…)。

ティーウェイ航空は、もともとソウル(金浦)−済州が主力路線でしたが、現在は国際線も仁川を拠点に数多くの路線を展開しています。日本路線としては、札幌、関西、福岡、佐賀、大分、那覇などがあります。2015年10月には、LCCとして初めての日本~グアム路線を開設しました。

他の韓国系格安航空会社LCCと同様に、簡単な機内食とドリンクのサービスがあります。価格は福岡−仁川が往復9000円〜16000円程度です。燃油サーチャージが別途かかりますので実質価格はもう少し上がりますが、諸費用込みで往復17000円〜25000円程度の設定です。距離の近さはありますが、韓国路線としては安いほうに入るでしょう。

運賃は片道が基本で、往復は片道の合算が原則です。預け手荷物は無料です。座席指定はできません

ティーウェイ航空の口コミ・評判・感想まとめ

  • LCCにしては機内サービスが良い。
  • 短距離なのに、機内食がある。ソウル行きはおにぎり、ソウル発はクロワッサン。
  • ドリンクはオレンジジュース。
  • ビールは有料。
  • 座席指定がないので、早いもの勝ち。好みの席があるなら早めにカウンターに並ぶべし。
  • 機体は古いが、機内はきれい。
  • 機内販売がある。この短距離ですごい。
  • 座席は狭い。国内LCC並み。
  • 機内アナウンスは韓国語、英語、日本語。聞き取りやすかった。
  • 全体のサービス水準は韓国系LCCではトップクラスかと思う。
  • 荷物預けも無料で、大手と変わらない感覚で利用できる。

ティーウェイ航空の運賃・料金制度

ティーウェイ航空には「普通運賃」があり、さらに数多くの割引運賃が設定されています。スカイマークやエアドゥのような形に近く、LCCスタイルの「変動型運賃」とは少し異なります。運賃は片道が基本で、往復はその合算です。ただし、一部には往復セットの割引運賃もあります。

ティーウェイ航空の運賃は、高い順に「普通運賃」「スマート割引運賃」「イベント運賃」「やすか券」があります。普通運賃では、関西〜仁川が片道25,000円。予約変更自由で、乗り遅れても1区間1,000円で予約変更できるという自由度の高いチケットです。ただし、往復50,000円はかなり高いといえます。

安い運賃になるほど予約変更に手数料がかかったり、予約変更が不可になったりして自由度が落ちていきます。値段もずいぶん異なり、ベーシックな割引運賃である「イベント運賃」は往復20,000円が最低水準です(便や季節によって変わる)。このほかに燃油サーチャージが片道1,000円〜3,000円程度かかりますので、実質的な往復運賃の最低ラインは25,000円程度。それに施設使用料が往復で3500円程度かかり、往復2万円台後半くらいが関西〜仁川の全部込みの最低価格です。

変更・払戻は購入したチケットの種類によりますが、イベント運賃の場合は原則として変更・払い戻しともが2,000円程度と考えておくと良いでしょう。

関西〜仁川のある日の合計金額は、以下のようになりました。

・往復イベント運賃: 24,000円
・燃油サーチャージ(往復) : 2,800 円
・空港施設料(関西): 3,040 円
・空港諸税(仁川):3,100
・合計 33,940円

機内サービスはドリンクが提供されます。水とジュースのみで、アルコールはビールが4ドル(米ドル。レートにより日本円価格は変わる)です。ブランケットは18000ウォンで、これは韓国通貨のみでの扱いです。

ティーウェイ航空の手数料

・取消手数料 
 乗る便をキャンセルした場合の手数料。1000円〜3000円。チケットの種類による。
・出発後払戻手数料
 出発後の払戻し。普通運賃など一部のチケットで可能。2000円〜6000円。
・変更手数料
 予約便の変更。普通運賃など一部のチケットで可能。1000円〜3000円。
・機内持込手荷物(無料)
 55×40×20cm以下、10kg以内、1個まで。無料。
・預け手荷物(無料)
 20kgまで無料。
・超過手荷物料金
 超過分1kgあたり700円。

手荷物のサイズに関しての制限は厳しくなく、普通の荷物なら預けられますし、小さい物は持ち込めます。

広告

ティーウェイ航空のマイレージ・サービス

ティーウェイ航空にはマイレージサービスはありません。

ティーウェイ航空の口コミ・評判・感想

日韓路線に参入している格安航空会社LCCのなかでも、もっとも地味といわれるのがティーウェイ航空。九州路線が中心で、それ以外の地域ではなじみがない航空会社かもしれません。

メインターゲットは日本人よりも韓国人の様子。ただ、路線網は急激に増えており、日本人にもそれなりに使いやすいダイヤになっています。

価格は関西−仁川往復で諸経費込みで3万円程度が標準的。他のLCCよりも少し高めですが、十分に手頃な水準です。

福岡−仁川のような飛行時間の短い路線でも機内食(軽食)があり、ドリンクサービスもあり、機内販売まであります。機内販売は大韓航空が商品提供をしているそうです。「この短距離で、このサービスは満点水準」というべた褒めの感想もありました。

実際に搭乗した人の体験談や感想では、厳しい声はあまり聞かれず「機体は古いけれど清潔で快適。シート間隔は狭いけれど、椅子も薄いのでそれほど厳しくは感じない」「1時間半ほどのフライトだから、安全に飛びさえすれば問題ない」といった感想が返ってきました。

使用機材はボーイングB737-800で、1998年〜2003年頃に製造された機体が多いです。主にヨーロッパで使われていた機材です。座席はエコノミークラス189席です。これは、JALの同型機国内線モノクラスが176席ですので、2列分多くなっています。シートピッチは大手航空会社に比べるとやや狭いようです。

ティーウェイ航空の総合評価

格安航空会社LCCといいながら、運賃制度は段階的で、手荷物料金も事実上なしなど、大手航空会社に近いサービス方式を採っています。機内サービスも短距離路線としては十分。限りなくレガシーキャリアに近いLCCといえます。韓国系大手と比べて1〜3割引程度の価格で「激安」とまではいえませんが、実質的に大手とほとんど変わらないサービスなので、値段が安ければそのぶんお得といえるでしょう。

座席数限定で発売される「やすか券」は、運賃が安いだけでなく、キャンセル料も手頃なので、先の予定に入れるにはお得です。「イベント運賃」でも十分安い価格です。とくに、大手航空会社がピーク運賃を設定する時期でも比較的安価なので、その時期も狙い目でしょう。

これといった文句の見あたらない、適度な安さで旅行できる航空会社。それがティーウェイ航空の特徴といえば特徴かもしれません。

※口コミ、評判は、当サイト関係者の乗車した印象や、実際に乗った人からの感想を集めたものです。公平を心がけていますが、主観が混じっていますので、ご了承下さい。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP