格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

トップ > 基本情報 > 安い理由 > 予約方法

なぜ安くできるのか〜予約方法の秘密〜

格安航空会社LCCはなぜ安くできるのか。それにはさまざまな理由があります。航空会社がもっとも工夫している点でもあります。ここでは、まず予約方法について考えてみましょう。

予約はウェブサイトからに限定

既存の大手航空会社は、自前のオフィスを持ち、そこでチケットを販売していました。また、旅行会社も大きな販売窓口になっています。インターネットが普及するにつれ、ウェブサイトでの直販が増え、窓口販売は減りましたが、依然として多様な販売ルートを持っています。

大手航空会社が持つ様々な販売ルートはチケットの販売数を増やすには有効ですが、そのぶんコストがかかります。それに対して、格安航空会社LCCは、コストのかからないウェブサイトのホームページでの販売が中心です。航空会社のオフィスでの販売や、旅行会社の販売をなくすか、非常に絞ってしまっています。そうすることで、チケットの販売数は伸び悩むかもしれませんが、オフィス賃料や、旅行会社への手数料や、対応する人件費を節約できますので、トータルではコストを下げることができます。

シンプルな販売システム

格安航空会社LCCのなかには、旅行会社に団体向けの席を卸さないところもあります。完全に個人利用者だけに販売を絞っているのです。旅行会社に席を卸せば販売数は稼げますが、手数料もかかりますし、座席の管理も複雑になります。つまり、シンプルな販売システムを追求しているのです。

格安航空会社LCCは、インターネット販売が主体ですが、電話での販売もしています。これは、インターネットにアクセスできない人のためです。ただし、電話での販売は手数料を取るケースが多いです。電話の応対には人件費がかかるからです。

ただし、ジェットスターは旅行会社と協力していますし、スカイマークは旅行会社HISの関連会社ということもあり、HISの団体ツアーに座席を供給しています。また、HISは、タイの格安航空会社LCCの販売権を一括購入して自社窓口で販売しています。このように、必ずしも全てのLCCがインターネットだけの販売に特化しているわけではありません。ただし、販売システムをシンプルにしている、ということは共通しています。

なぜ安くできるのか。次は、手荷物への課金について解説します。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP