格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

トップ > 国内LCC > ピーチ > 手荷物

ピーチ航空の手荷物の制限のポイントと対策

ピーチ航空では、手荷物に関するルールが厳しいです。予約していた以上の荷物を持っていくと、搭乗時に高額の手数料を請求されることもありますから、事前の準備と注意が必要です。

ここでは、ピーチ航空の機内持込手荷物と預け手荷物についてのルールの基礎知識と手荷物料金について解説します。

ピーチ航空の機内持ち込み手荷物のサイズと重量

ピーチ航空では、機内に持ち込みできる手荷物はキャリーケースなどとハンドバッグなどです。国際線と国内線とも同じ制限内容です。

機内持込手荷物サイズ
「3辺合計が115cm以内」で「55×40×25(cm)以内」のサイズ
機内持込手荷物個数
身の回り品1個のほか、1人1個まで
機内持込手荷物重量
重量が10kg以下

ややわかりにくいですが、標準的な大きさの荷物を1つと、ポーチやハンドバック類を1つ持ち込むことができます。10kgまで機内に持ち込めるので、普通の手提げカバンなどを持つ場合は問題ありません。キャリーケースでも軽い物のなら持ち込むことは可能です。

ピーチ航空の預け手荷物の重量とサイズ

ピーチ航空では「ハッピーピーチプラス」で購入した場合は、手荷物(受託手荷物)を1つまで預けることができます。重量は20kgまでです。サイズは厳密に計測されることは稀ですが、3辺の和が203㎝以上のものは預けられないことになっています。

ピーチ航空の預け手荷物の料金

「ハッピーピーチ」の運賃タイプで購入した場合、預け手荷物(受託手荷物)は別料金です。また、「ハッピーピーチプラス」でも、2個目以降の手荷物は別料金です。

受託手荷物料金は、搭乗する路線によって異なります。

  • Zone1:関西=仙台/成田/福岡/長崎/鹿児島、那覇=石垣
  • Zone2:関西=札幌/那覇/石垣
  • Zone3:関西=ソウル/釜山、那覇=台北
  • Zone4:関西=台北/香港

事前支払の場合、受託手荷物料金は以下の通りです。

預け手荷物(インターネット支払)

  • Zone1:1つにつき1030円
  • Zone2:1つにつき1650円
  • Zone3:1つにつき2000円
  • Zone4:1つにつき2600円

預け手荷物(コンタクトセンター、空港カウンター支払)

  • Zone1:1つにつき2110円
  • Zone2:1つにつき2730円
  • Zone3:1つにつき3050円
  • Zone4:1つにつき3650円

スポーツ用品の預け手荷物(スキー、ゴルフ)

  • Zone1:1つにつき1440円
  • Zone2:1つにつき2060円
  • Zone3:1つにつき3050円
  • Zone4:1つにつき3650円

スポーツ用品の預け手荷物(自転車、サーフボード)

  • Zone1:1つにつき3140円
  • Zone2:1つにつき4380円
  • Zone3:1つにつき5050円
  • Zone4:1つにつき6250円

スポーツ用品の受託手荷物の予約、支払はインターネットではできません。コンタクトセンターか空港カウンターでの受け付けになります。したがって、インターネット支払の料金はありません。

ピーチ航空の手荷物預けへの対策

ピーチ航空の場合も他のLCCと同じく、受託手荷物はインターネットで事前支払で払っておいたほうがトクです。機内に持ち込もう、と思っていても、当日「重量オーバーで持ち込めません」と言われたりする可能性もありますので、不安な方は事前に1個分を払っておくのがベターでしょう。

注意点としては、ピーチ航空は、受託手荷物を「1個」という数で数えているということ。大手航空会社では「20kgまでなら複数個でもOK」としている場合が多いですが、ピーチ航空はあくまでも「個数」が基準です。2つで合計20kgの場合は1つに荷物をまとめましょう。そうしないと、思わぬ高額の手数料を請求されます。

1つあたりの重量が20kgを超える場合は、手数料が一律で倍になります。1kgオーバー毎にいくらか上がる、という形ではありません。これも注意が必要です。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP