格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

トップ > 国内LCC > ピーチ > 予約変更

ピーチ航空のチケットの予約を変更するには

ピーチ航空では、予約の変更を行うことができます。ただし、予約時に選択した運賃タイプや変更方法によっては、変更は有料です。

ここでは、ピーチ航空の予約の変更に関する基礎知識と、変更の方法について解説します。

ピーチ航空で手数料無料で予約変更ができる運賃

チケットの購入時に「ハッピーピーチプラス」の運賃タイプを選択した場合は、出発1時間前までならば手数料無料で予約の変更ができます。ただし、新しい運賃との差額が必要です。新しい運賃のほうが安い場合でも、差額の払い戻しは受けられません。変更可能なのは日付/時刻のみです。出発地、目的地、名義の変更はできません。

ピーチ航空で有料で予約変更ができる運賃

チケットの購入時に「ハッピーピーチ」の運賃プラン(基本運賃)で購入した場合は、予約の変更は有料で可能です。ただし、変更可能なのは日付/時刻のみであり、出発地/到着地や名義の変更は有料でもできません。変更の際は、手数料のほか、新しい運賃との差額が必要です。新しい運賃のほうが安い場合でも、差額の払い戻しは受けられません。変更手数料は、インターネット手続きで約3000円です。コンタクトセンターで行った場合は高くなります。また、座席指定をしていた場合は別途料金を払い直さなければなりません。

ピーチ航空のチケットの搭乗者名の変更

どの運賃で購入した場合も、搭乗者名の変更はできません。搭乗者の名義を変更する場合は、キャンセルしてチケットを買い直す必要があります。

ピーチ航空の予約の変更の締め切り

予約変更の締め切りは出発時刻の1時間前です。それ以降の変更はできません。

ピーチ航空の予約の変更方法

ほとんどの変更は、ピーチ航空のウェブサイト上で行うことができます。コンタクトセンターや空港カウンターでも受け付けていますが、手数料がかかります。

ハッピーピーチにするべきか?

ピーチ航空では「ハッピーピーチプラス」で購入した場合は、予約の変更が無料で可能です。ただし、「ハッピーピーチプラス」は「ハッピーピーチ」よりも2,400円程度高い運賃設定になっていますので、ピーチの運賃水準としては安くはありません。

ただ、「ハッピーピーチプラス」なら座席指定も無料ですし、手荷物も1つまで無料で預けられます。とくに手荷物無料は、ちょっと荷物が多いときに役に立つでしょう。ですので、自分の旅行スタイルにあわせて、「ハッピーピーチプラス」を選択しておくのも悪くないでしょう。

注意点としては、「ハッピーピーチプラス」であっても、変更の場合は「その時点でのチケット価格」との差額を支払う必要があるということ。そのため、総額ではそれほど安い旅にはならない可能性が高いです。

たとえば、関西−福岡間のチケットが「ハッピーピーチ」が6,390円、「ハッピーピーチプラス」が8,590円であった場合、「ハッピーピーチ+」で購入して、それを出発直前に変更するとします。変更先の運賃が12,990円だった場合、4,400円の差額が必要です。8,590円なら「安い」と言えますが、12,990円なら新幹線のほうが安かった、となるかもしれません。

それでも、ハッピーピーチで6,390円のチケットをパーにして、ゼロからチケットを買いなおすよりは安く済む、という考えた方ももちろん成り立ちます。

「ハッピーピーチ」でも、手数料を支払えば変更可能です。変更手数料は約3200円、「ハッピーピーチプラス」のオプション相当額は2400円ですから、変更手数料の実質的な差額は800円だともいえます。手荷物を預けずに座席指定が不要なら、800円のリスクなら、「ハッピーピーチ」でもいい、という考え方もあるでしょう。

また、元のチケットの価格があまりに安く、「キャンセルして放棄しても痛くない」という場合は、「ハッピーピーチプラス」にする必要性はないかもしれません。たとえば、2000円のセールチケットなら、変更できずに放棄しても、損失は2000円にすぎません。2000円の損失に備えるために2400円の「プラス」を付けるのは、割にあいません。

まとめると、チケットの購入価格が比較的高額で、変更してもその目的地に必ず行く場合は「Plus」を付けましょう。チケットの購入価格が安い場合や、変更したときに目的地には行かない場合(旅をキャンセルする場合)は「ハッピーピーチプラス」の意味はありませんので、付ける必要はありません。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP