格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

格安航空会社LCCの成田空港路線

東京の空の玄関口・成田空港。これまでは国際線が主力でしたが、最近は国内線にも力を入れています。

国内線としては、ジェットスターが成田〜札幌、成田〜関西、成田〜福岡など、日本各地に路線を展開。さらに、バニラエアや春秋航空日本、ピーチも参入してきて、日本最大のLCC拠点となりました。

国際線は、バニラエアが台湾などへ便を出しているほか、韓国系LCCが韓国へ路線展開し、ジェットスターがオーストラリア方面に就航。さらに、エアアジアがバンコクへ、スクート航空も台北経由シンガポール線を開設しています。

成田空港は、今後も格安航空会社LCCの就航に力を入れていく方針です。とくに、国内線LCCの充実は目を見張るものがあります。

2015年4月には、LCC専用ターミナル(第3ターミナル)が完成。内装を簡素にするなど必要最低限の施設になっています。ただ、LCCターミナルはJR・京成の空港第二ビル駅から徒歩15分くらいかかりますので、空港到着時刻はお早めに。

アクセスとしては、東京駅から成田空港まで京成バスが格安バス(LCB)の「東京シャトル」、平和交通・JRバスが「THEアクセス成田」を運転しています。おおよそ片道1,000円で乗ることができます。格安バスはLCCターミナルまで行きますので、利用者には便利です。

成田のLCC国内線就航路線

ピーチ
関西 、新千歳、福岡、那覇
ジェットスター・ジャパン
新千歳、関西、高松、松山、福岡、大分、熊本、鹿児島、那覇
バニラエア
新千歳、函館、関西、奄美、那覇
春秋航空日本
広島、佐賀

成田のLCC国際線就航路線

ジェットスター・ジャパン
台湾=台北、中国=上海、香港 、フィリピン=マニラ
バニラエア
台湾=台北、高雄、中国=香港 、フィリピン=セブ、ベトナム=ホーチミン(台北経由)
チェジュ航空
韓国=ソウル(仁川) 、釜山
イースター航空
韓国=ソウル(仁川)
ジンエアー
韓国=ソウル(仁川)
エアプサン
韓国=釜山 、大邱
ティーウェイ航空
韓国=仁川、大邱、済州
タイガーエア台湾
台湾=台北
春秋航空日本
中国=武漢、重慶
セブ・パシフィック
フィリピン=マニラ、セブ
香港エクスプレス
香港
エアアジア
タイ=バンコク(ドンムアン)
ジェットアジア
タイ=バンコク(スワンナプーム)
スクート
台湾=台北、タイ=バンコク(ドンムアン)、シンガポール
アジア・アトランティック
タイ=バンコク、カンボジア=プノンペン、シェムリアップ (いずれも期間限定のチャーター運航)
ジェットスター
豪州=ケアンズ、ゴールドコースト

成田空港のLCC将来像

ジェットスター・ジャパン、バニラエア、春秋航空日本が拠点空港としたことで、成田は首都圏で最も注目されるLCC拠点となりました。当初は低迷していた搭乗率も最近は改善されており、LCCの認知度が関東地方でも広まっていることが感じられます。今後もさらに便数は増えていくでしょう。

国際線についても、ジェットスターとバニラエアが路線を増やしている一方で、海外LCCの乗り入れも激増しました。今後もさらに増えていくと予想されます。

問題点はアクセスと運用時間です。アクセスに関しては京成バスなどが格安バスの運行を開始しており、深夜・早朝のアクセスは改善されました。ただ、24時間空港でないデメリットは残されています。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP