格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

格安航空会社LCCの沖縄那覇空港路線

沖縄(那覇)空港は、本州各地からの航空路線がある激戦区。格安航空会社LCCではピーチが拠点を構え、本州とアジアへの路線を積極的に展開しています。そのほか、スカイマーク、ジェットスター・ジャパンなど、多くの格安便が飛んでいます。ソラシドエアも運航していますが、格安便というよりはローカル路線です。

スカイマークは那覇〜茨城、羽田、中部、神戸などを結びます。ソラシドエアが那覇〜宮崎、鹿児島などに就航させています。

ピーチは関西、福岡への便のほか、香港や台北にも就航しています。ジェットスターは成田、関西への便があります。バニラは成田と台北への路線があります。

国際線は、ジンエアーが那覇〜仁川間で定期運航してきましてきましたが、ティーウェイ航空とチェジュ航空も参入。LCC激戦区となりました。

那覇のLCC国内線就航路線

スカイマーク
新千歳(季節運航)、茨城(季節運航)、羽田、中部、神戸、福岡
ピーチ
成田、関西、福岡
ジェットスター・ジャパン
成田、中部、関西
バニラエア
成田
ソラシドエア
宮崎、鹿児島、石垣

那覇のLCC国際線就航路線

ピーチ
韓国=仁川、台湾=台北、高雄(2018年春就航)、中国=香港
バニラエア
台湾=台北
イースター航空
韓国=仁川
ジンエアー
韓国=仁川 、釜山
ティーウェイ航空
韓国=仁川
チェジュ航空
韓国=仁川
タイガーエア台湾
台湾=台北
ジェットスター・アジア
シンガポール(2017年11月就航)

那覇のLCCターミナル

ピーチとバニラエアは、那覇空港ではLCCターミナルを使用しています。これは、全日空の貨物エリアにあった倉庫を改造したもの。制限エリアにあるため、徒歩や自家用車、タクシーなどでのターミナル乗り入れはできません。

このLCCターミナルに入れるのは専用バスだけです。専用バスは那覇空港の国内線ターミナルから発着しています。国内線ターミナルからLCCターミナルまでは専用バスで5分ほど。バスは10分ごとの運行です。そのため、ピーチ、バニラエアを利用する人は、このバスの所要時間を計算に入れて、早めに空港に着くようにしておきましょう。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP