格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

トップ > 就航地 > 九州 > 北九州

格安航空会社LCCの北九州空港路線

北九州空港は2006年に現在の位置に新空港が開港しました。24時間運用の海上空港です。新空港開港前からスターフライヤーが拠点としており、北九州〜羽田間に早朝便や深夜便を含む多数のフライトを運航しています。

スターフライヤーは、国際線へも進出し、北九州〜釜山線の就航を開始しましたが、短命に終わりました。他には、ジェットスター・ジャパンが路線開設を検討しているようです。

海外LCCでは、チェジュ航空がソウル線を運航してきましたが、2012年4月でいったん運航休止。2016年にジンエアーが釜山、ソウル線を開設しました。北九州空港は、福岡空港に比べて発着枠に余裕があり、運用時間も長いという利便性がありますので、今後も韓国方面へのLCCの就航は続くでしょう。

北九州のLCC国内線就航路線

スターフライヤー
羽田

北九州のLCC国際線就航路線

ジンエアー
韓国=釜山(2016年10月就航)、ソウル(2016年12月就航)

北九州空港のLCC将来像

北九州空港は、福岡のサブ空港的特徴があり、その立地を利用して古くからスターフライヤーが拠点としています。関西地方における神戸空港と似た形でしょう。

24時間空港の利便性もあり、スターフライヤーは羽田線を中心に健闘しています。今後も、LCCが増えていく可能性は高いといえます。

国際線はスターフライヤー、チェジュ航空のいずれも成功していません。3社目となるジンエアーの成否に注目です。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP