格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

格安航空会社LCCの関西空港路線

関西国際空港は、今や日本最大のLCC拠点となりました。国内線ではピーチとジェットスターが拠点を置き、国際線では春秋航空が拠点とし、そのほかにも多数のLCCが乗り入れています。

国内線は、ピーチが北海道、東北、九州、沖縄方面へ便を出しているほか、ジェットスター・ジャパンも拠点化を完了し、LCC激戦地となっています。スターフライヤーも羽田線を就航させています。

国際線は、韓国、中国、香港、フィリピン、マレーシア、シンガポール、オーストラリアなどへの便があります。関空は、LCCの誘致に積極的なので、これからも便が増えるのは間違いありません。

日本初のLCC専用ターミナルも完成しています。このLCCターミナルを使用しているのは現在ピーチのみです。今までのターミナルと違い、鉄道駅からは離れているので、利用する場合は注意が必要です。

関空のLCC国内線就航路線

ピーチ
新千歳、仙台、成田、松山、福岡、長崎、宮崎、鹿児島、那覇、石垣
ジェットスター・ジャパン
新千歳、成田、福岡、那覇
バニラエア
函館、成田
スターフライヤー
羽田

関空のLCC国際線就航路線

ピーチ
韓国=仁川/釜山、台湾=台北/高雄、中国=上海/香港
ジェットスター・ジャパン
台湾=台北、中国=香港 、フィリピン=マニラ
バニラエア
台湾=台北
エアプサン
韓国=釜山
チェジュ航空
韓国=金浦/仁川
イースター航空
韓国=仁川 、釜山
ジンエアー
韓国=仁川 、釜山
ティーウェイ
韓国=仁川 、大邱 、アメリカ=グアム
春秋航空
中国=上海、天津、揚州、福州、淮安、長春、大連、青島、汕頭、広州、西安、武漢、重慶
香港エクスプレス
中国=香港
ベトジェットエア
ベトナム=ハノイ
エアアジア
マレーシア=クアラルンプール、タイ=バンコク(ドンムアン)
セブ・パシフィック
フィリピン=マニラ
アジア・アトランティック
タイ=バンコク(チャーター便)
スクート
台湾=高雄、タイ=バンコク、シンガポール
ジェットスター・アジア
台湾=台北、フィリピン=マニラ
ジェットスター
豪州=ケアンズ、ゴールドコースト、シンガポール=シンガポール、フィリピン=マニラ

関西空港のLCCターミナル

関西空港ではLCC専用ターミナル(第2ターミナルビル)が開設され、ピーチ航空が使用しています。LCC専用ターミナルは、関西空港駅からエアロプラザ方面の1階に行き、そこからバスに乗らなければなりません。既存の国内・国際線ターミナル(第1ターミナルビル)とは違います。第2ターミナルビルへは、バスの待ち時間を含めて、関西空港駅から20分くらいは時間がかかると考え、早めに空港に到着するようにしましょう。

現在のところ、LCCターミナルを利用している航空会社はピーチだけです。

関西空港のLCC将来像

2012年に相次いで参入した格安航空会社LCCのうち、最も成功しているのがピーチ航空。それは、関西空港の利便性の賜でしょう。大阪市中心部から40分程度でアクセスでき、24時間運用、発着枠にも余裕がある、などの利点がLCCには追い風になりました。

一方、ジェットスターも関西空港の拠点化を終え、LCCの便数は激増しています。今後も、さまざまなLCCが関西に参入してくるでしょう。

現在手薄な東北方面へのフライトの充実を期待したいところです。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP