格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

トップ > アジアLCC > ジンエアー

ジンエアー(韓国)の口コミ・評判・感想

ジンエアー(Jin Air、LJ)
韓国の大韓航空の子会社の格安航空会社LCC。2007年6月に設立され、2008年にソウル−済州島の国内線の運航を開始。2009年から国際線に参入しています。国際線は、バンコク、グアム、札幌、マカオ、クラーク(フィリピン)、ヴィエンチャンなどに路線があります。リゾート路線が主体ですが、大韓航空の代替会社ではなく、路線は大韓航空と競合している部分もあります。

運賃は、既存の航空会社より約2割引としています。大韓航空の子会社ですが、大韓航空とのコードシェアなどは行われていません。カンタスとジェットスターの関係とはちょっと違うようです。どちらかというと、全日空とピーチと似ている関係です。

日本路線は札幌に始まり、沖縄、長崎関西、福岡と路線を広げています。その他、チャーター便では、佐賀、山口宇部などに就航しています。

ジンエアーの口コミ・評判・感想まとめ

  • 普通の飛行機。良い意味でも悪い意味でも、LCCということを意識させられない。
  • 事前座席の希望が聞いてもらえない。でも、空港で聞いてくれた。
  • あまり安くない。キャンペーンがあまりない。
  • サイトでの予約時に会員加入させられてめんどうくさい。
  • ピーク時でも値段があまり上がらないのはいいこと。
  • 機体はきれい。

ジンエアーの運賃・料金制度

ジンエアーの予約は往復運賃が基本です。片道運賃でも購入できますが、往復運賃に比べると高めで、メリットがありません。

運賃は、おもに。また、「WEB特別割引運賃」があります。「SAVER SMART」「SAVER FLEX」「SAVER」「普通運賃」の5種類です。普通運賃は最大1年の滞在ができます。SAVER系は6ヶ月の滞在です。WEB特別割引運賃は10日間です。観光なら、「WEB特別割引運賃」で十分です。WEB特別割引運賃の場合、関西〜ソウルが諸費用込みで往復2万円台が相場です。

運賃表示には、各種税金や燃油サーチャージが含まれています。検索で出てくる運賃も、諸税や手数料、サーチャージは含まれています。明朗な表示設定といえます。

変更・払戻は可能で、手数料は変更が3,240円、取消4,320円です。格安航空会社LCCの手数料としては低めです。

機内サービスは飲料とドリンクが提供されます。軽食は、おにぎり・パウンドケーキ・水・お菓子などで、ドリンクはオレンジジュース、水、お茶のみです。アルコール類は有料で、ビールが400円です。バンコク方面への中距離路線には機内食が無料で提供されます。

ジンエアーの手数料

変更手数料
 乗る便を変更した場合の手数料。3,240円
払戻手数料
 キャンセルした場合の払戻手数料。4,320円
機内持込手荷物(無料)
 3辺の和が115cm以下
預け手荷物(無料)
 20kgまで無料。
超過手荷物料金
 1kgあたり6,400ウォン 

預け手荷物に関しては20kgまで無料で、レガシーキャリアと同じです。

広告

ジンエアーのマイレージ・サービス

ジンエアーにはマイレージサービスはありません。

ジンエアーの口コミ・評判・感想

大韓航空系の格安航空会社LCCということで、安心感はある様子。とくに、札幌や沖縄に就航している国際線の格安航空会社LCCは限られますので、ジンエアーは有力な選択肢になるでしょう。

乗ってみた感想をまとめると、「ごく普通」。LCCだからといって何かを我慢した、というよりは、普通の航空会社として使える、という感想が多いです。シートピッチは大韓航空よりも若干狭く詰め込んでいますが、短距離なので気にならない様子。「軽食も普通に出たし、ドリンクサービスもあるし、まったく問題ないレベル」ということです。

ただ、問題はお値段。「正直言って、そんなに安いとは思えない。ホテル付きの格安ツアーで行った方が安いこともある」というのが代表的な声でしょうか。関西からの往復で安くても2万円程度、平均すれば3万円程度で、激安感はないようです。「大手航空会社と比べて7000〜8000円くらい安い印象だけれど、その程度なら時間帯が便利なほうを選ぶ」という声も。 

その時間帯ですが、日本から韓国を訪れる場合、昼頃か午後便で出発して午前便で帰ってくることになりますので、初日と最終日は現地で観光する時間はありません。それなら、午前便出発、午後便帰国の大手航空会社のほうがいい、という声が多くなるわけです。

ジンエアーの使用機材はボーイングB737-800型機で、すべて大韓航空で使用していたもののお下がりです。機齢は10年前後のものが多く、それほど古くはありません。エコノミークラス189席です。これは、JALの同型機国内線モノクラス176席よりも2列多い程度です。シートピッチは大手航空会社よりやや詰め込んでいます。ただ、前述したとおり「狭いけれど我慢できないほどでもない」という声が多数派。機齢も標準的で、機材を気にする必要はないようです。

ジンエアーの総合評価

大韓航空の機内サービスを簡略化し、座席も少し詰め込んだのがジンエアー。それ以外の点では大手航空会社レガシーキャリアとあまり変わりません。手荷物の重量制限がやや厳しいくらいです。機内サービスと手荷物制限の分だけ値段が安い、と考えればいいでしょう。これはイースター航空など他の韓国系LCCも同じようなもので、値段も大手と比べてもそれほどの割引率ではありません。

ジンエアーはキャンペーンが少なく、大幅なディスカウトには消極的な様子。ただ、ピーク時でも値段があまり変わらないのは利便性が高いといえます。とくに札幌からソウルは、東京からなどに比べるとピーク時の航空券の値段が上がりやすいので、そういう意味では存在意義のある会社です。

また、ジンエアーは、バンコクやマカオ、ヴィエンチャンなどにも路線を延ばしているので、ソウルで乗り換えてそれらの地域に向かうのにも使えます。いまのところ、バンコクのような競争の激しい区間では、ジンエアーを使う価格的メリットはありませんが、ヴィエンチャンのような場所に向かうには使える会社といえます。

スケジュールとしては、韓国人の観光客の利便性が第一に考慮されています。そのぶん、日本からの利用はやや不便です。

※口コミ、評判は、当サイト関係者の乗車した印象や、実際に乗った人からの感想を集めたものです。公平を心がけていますが、主観が混じっていますので、ご了承下さい。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP