格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

ジェットスターの手荷物の制限のポイントと対策

ジェットスター(ジェットスター・ジャパンも含む。以下同)では、手荷物に関するルールが厳しいです。予約していた以上の荷物を持っていくと、搭乗時に高額の手数料を請求されることもありますから、事前の準備と注意が必要です。

ここでは、ジェットスター及びジェットスタージャパンの機内持込手荷物と預け手荷物についてのルールの基礎知識と手荷物料金について解説します。

ジェットスターの機内持ち込み手荷物のサイズと重量

ジェットスターでは、機内に持ち込みできる手荷物はキャリーなどとハンドバッグなどです。エコノミーとビジネスでは、持ち込める個数、サイズと重量が違います。国際線と国内線とも同じ制限内容です。

・エコノミー
サイズ:「各辺の長さが56cm×36cm×23cm」以内のカバンか、「114cm×60cm×11cm」のキャリー1個+ハンドバッグ等
重量:総重量が7kg以下

・ビジネス
サイズ:「各辺の長さが56cm×36cm×23cm」以内のカバンか、「114cm×60cm×11cm」のキャリー2個+ハンドバッグ等
重量:総重量が14kg以下

ややわかりにくいですが、エコノミーの場合で、標準的な大きさの荷物を1つと、ポーチやハンドバック類を1つ持ち込むことができます。ビジネスの場合は、全者を2つ持ち込むことができます。エコノミーのの場合で7kgまで機内に持ち込めます。

ジェットスターの預け手荷物のサイズと重量(国内線)

ジェットスターではカウンターでの預け手荷物(受託手荷物)は別料金です。日本国内線でオンライン支払の場合、受託手荷物料金は以下の通りです。なお、運賃にプラスオプションを付けている場合は、10kgまで無料です。

・預け手荷物(予約時支払)
 重さ15kgまで 1,030円/1,440円
 重さ20kgまで 1,130円/1,540円
 重さ25kgまで 1,650円/2,060円
 重さ30kgまで 2,060円/2,470円
 重さ35kgまで 2,780円/3,190円
 重さ40kgまで 3,290円/3,700円
※右は新千歳、那覇線。左はそれ以外。

・預け手荷物(予約後事前支払)
 重さ 5kgまで 1,440円
 重さ10㎏まで 1,650円
 重さ15kgまで 1850円
 重さ20kgまで 1,950円
 重さ25kgまで 2,780円
 重さ30kgまで 3,500円
 重さ35kgまで 4,530円
 重さ40kgまで 5,040円

 搭乗当日にカウンターで手荷物料金を支払うときは、値段が上がります。国内線の当日支払の受託手荷物料金は以下の通りです。

・機内預け手荷物 (当日支払)
 重さ15kgまで 2,570円
・重量超過料金 1kg につき 770円

広告

ジェットスターの預け手荷物のサイズと重量(国際線)

ジェットスターではカウンターでの預け手荷物(受託手荷物)は別料金です。日本豪州線などの国際線で事前支払の場合、受託手荷物料金は以下の通りです。なお、運賃にプラスオプションを付けていた場合は、20kgまでの受託手荷物が無料です。

・預け手荷物料金(左:予約時支払 右:予約後支払)
 重さ15kgまで 2,500円 3,950円
 重さ20kgまで 3,000円 4,500円
 重さ25kgまで 3,400円 5,100円
 重さ30kgまで 5,100円 7,650円
 重さ35kgまで 5,500円 8,250円
 重さ40kgまで 6,000円 9,000円

搭乗当日にカウンターで手荷物料金を支払うときは、値段が上がります。国際線の当日支払の受託手荷物料金は以下の通りです。

・預け手荷物料金 (当日支払)
 重さ20kgまで 16,000円
・重量超過料金
 1kg につき 1,500円

ジェットスターの手荷物預けへの対策

ジェットスターの場合も他のLCCと同じく、受託手荷物は事前支払で払っておいたほうがトクです。とくに、国際線では当日預けの価格が高いので注意です。機内に持ち込もう、と思っていても、当日「重量オーバーで持ち込めません」と言われたりする可能性もありますので、不安な方は事前に最低限の15kg分を払っておくのがベターでしょう。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP