トップ > 国内LCC > ジェットスター・ジャパン > キャンセル

ジェットスターのチケットをキャンセル・払い戻しするには

ジェットスター(ジェットスター・ジャパンも含む。以下同)では、最低価格で購入した場合は原則としてキャンセルはできません。ただし、予約時に選択したオプションによっては、キャンセル→払戻しができる場合もあります。

ここでは、ジェットスター及びジェットスタージャパンのチケットのキャンセル・払い戻しのルールと方法を開設します。

広告



ジェットスターで払戻しができる運賃

チケットの購入時に「Max(マックス)」のオプションを選択した場合はキャンセル→払い戻しができます。その際は、払戻手数料がかかります。払戻手数料は、日本国内線の場合は3000円、オーストラリア方面の国際線の場合は4000円です。

ジェットスターで払戻しができない運賃

チケットの購入時に「Plus(プラス)」のオプションを選択した場合、または、オプションを全く選択しないで基本運賃で購入した場合(「Starter」という)は、いずれもキャンセル(払い戻し)はできません。予約した便に乗れなかった場合は、チケットは無効になります。

原則は払戻し不可と考える

このように、ジェットスターでキャンセル→払い戻しが可能なのは「Max」運賃の場合のみです。ただ、「Max」運賃はかなり高いので、このオプションを選ぶ人はあまり多くないでしょう。そのため、安い運賃で利用している限り、払い戻しは不可と考えた方が良いでしょう。

「Max」運賃はかなり高いので、いくらキャンセルできるといっても、購入時にオプションで付ける必要性はあまりありません。ただ、予約時の運賃が高額な場合は、保険の意味で「Max」オプションを付けておくのも悪くありません。

ジェットスターのキャンセル・払戻しの方法

「Max」運賃で予約していてキャンセルをする場合は、同社のコールセンターに電話をしてキャンセル処理をしてもらいます。現在のところ、ウェブ上でのキャンセル処理はできないようです。