格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

トップ > アジアLCC > ジェットアジア・エアウェイズ

ジェットアジア・エアウェイズ(タイ)の口コミ・評判・感想

■ジェットアジア・エアウェイズー(JetAsia Airways、JF)
タイのチャーター便専門の格安航空会社LCC。2009年に設立され、2010年に運行免許を取得しています。2012年からは日本の旅行代理店 H.I.S.によるバンコク−成田のチャーター便を運航。2014年10月には、バンコク−成田を定期便化しました。ジェットスター・アジアと間違えやすいですが、全く別の会社です。

ジェットアジア・エアウェイズは、2014年の成田定期便就航を果たしましたが、主なターゲットはタイ人の訪日観光客で、日本での販売にはあまり力を入れていないようです。日本ではギャランツアーが総代理店になり、各旅行会社にチケットを卸します。

ジェットアジアは、格安運賃ですがフルサービスキャリアなので、預け手荷物や持込手荷物は23kgまで無料で、機内食も無料です。格安ながら、レガシィキャリアを上回るフルサービスです。

ジェットアジア・エアウェイズの口コミ・評判・感想まとめ

  • 最高のコストパフォーマンス。
  • 機内食は往復ともバンコク搭載のもののよう。 
  • 機内食は普通に食べられる味。
  • ドリンクは無料。アルコール類は有料。
  • 機体が古い。
  • シートピッチは狭い。リクライニングされると足を組めない。
  • 機内の清潔さは今ひとつ。
  • 成田のバンコクもバスによる搭乗。
  • ・シートモニターは写らない。
  • 荷物が23キロまで無料は嬉しい。
  • 乗務員はとてもフレンドリーで好感度大。
  • いろんな意味で手に汗握るフライト。
  • 機材の故障箇所が多すぎ。

ジェットアジア・エアウェイズの運賃・料金制度

ジェットアジア・エアウェイズは、基本的にはフルサービスキャリアです。

機内食は無料です(1度のみ)。ビールは300円で販売しています。機内エンターテインメントはありません。

預け手荷物は23kgまでは無料です。オーバーした場合は1kgにつき10ドルです。機内持ち込み荷物は7kgまでで無料です。

ジェットアジア・エアウェイズの手数料

座席指定料金
片道2000円
機内持込手荷物(無料)
7kgまで無料
預け手荷物(無料)
エグゼクティブエコノミークラス、エコノミークラスとも23㎏まで、無料
広告

ジェットアジア・エアウェイズのマイレージ・サービス

ジェットアジア・エアウェイズーにはマイル登録制度(マイレージサービス)はありません。

ジェットアジア・エアウェイズの口コミ・評判・感想

「とにかく安い」というのがジェットアジア・エアウェイズ利用者の共通した声。H.I.S.のチャーター便では、目玉商品に用いられ、総額1万円以下で利用できることもありました。キャンペーンは例外としても、おおむね成田〜バンコク往復が総額5万円程度で購入できますので、大手航空会社レガシィキャリアに比べると数万円は安いことになります。

ということで、価格に関しては批判する人はいません。ポイントは、それ以外の点です。

やはり話題にのぼるのが機材の古さ。2015年現在の保有機材はボーイング767-200が6機で、いずれも1980年代〜1990年代に初就航した機材。30年に届かんばかりの機齢となると、心配する人も多いようです。「内部はいちおうリニューアルされている。シートも革張り」との体験談がありますが、「リクライニングが壊れている」「読書灯がつかない」「機内はだいたい清潔だが、トイレはもう少しきちんとしたほうがいい」と、機材や設備には注文も寄せられています。

機内サービスは、機内食が無料ですが、毛布なども無料で利用できます。したがって、「LCC(ローコストキャリア)とは言えない」という意見も。これについては、「フルサービスでも激安で低コストだから、どう考えてもLCC」という結論が妥当でしょう。

機内食はチキンにヌードル、温野菜、パン、デザートなどで、選択可能。往路は食事1回ですが、復路は到着時にも軽食が出ます。味に関しては、「美味しくいただいた」という声と「不味くて残した」と両方の声がありました。機内食の積み込みはバンコクからで、成田での補給はないようです。

成田でもバンコクでもボーディングブリッジを使わないでバスでの搭乗です。

パイロットには日本人もいるようで、日本語のアナウンスもあります。客室乗務員はすべてタイ人です。したがってアナウンスは英語がメインで、日本語はわずかです。客室乗務員はフレンドリーで、接客に関しての評価はおおむね良好です。

機内エンターテインメントはありません。シートモニターはありますが、何も写りません。映画などもありません。

意外なメリットとしては「乗客は日本人とタイ人ばかり。どちらも騒がない国民性なので、団体がいなければ、機内は静か。隣に太った西洋人が座って窮屈な思いをする可能性も低い」とのことです。アメリカ系のバンコク線は安いですが、たしかに隣に西洋人が座っていることは多いです。ただ、機体への不安が多いからか、「着陸寸前はお通夜のよう。日本人は心配性だからか、機内の雰囲気が凍る」という冗談みたいな感想もありました。

スケジュールは、成田発が14時頃、バンコク発が深夜1時頃です。バンコクに夜着いて、成田には朝に着く運航で、日本人旅行者に使いやすいダイヤです。「遅延さえなければ、スケジュールは素晴らしい」との声があります。

座席数は機材によって異なりますが、成田〜バンコク線はボーイング767-200の235席仕様です。この機種としては標準的な配置で、とくに詰め込みではありません。座席に関しては「狭い」という声と「こんなもの」という声の両方があります。まあ、広くはないですね。

ジェットアジア・エアウェイズの総合評価

「コストパフォーマンス抜群」というのがジェットアジア・エアウェイズ。機体は古いし機内食もいまいちですが、これだけ安ければ文句はない、というのが大方の意見のようです。機内の清掃はムラがあるようで、「清潔」という人もいれば「汚い」という人もいて、オペレーションは安定していないようです。ただ、これも「値段を考えれば仕方ない」で済まされます。

要するに、値段が値段なので、「定刻通り安全に着けばいい」という客が多いので、その2点さえ守られれば、席が狭かろうと機体が古かろうとあまり文句をいう客は少ない、ということでしょう。

「バンコクまでバーゲンで往復3万円。これで文句を言うなら、飛行機なんて乗るな!」という声までありました。まあ、冷静に考えたらそうですね。

ジェットアジアは、機内食も手荷物も、ほぼフルサービスです。その意味では、コストを削減する余地はもう少しありそうですが、現段階でこれだけ安くしているので、十分、ということなのかもしれません。現状では「格安レガシーキャリア」とでも呼べる存在です。

※口コミ、評判は、当サイト関係者の乗車した印象や、実際に乗った人からの感想を集めたものです。公平を心がけていますが、主観が混じっていますので、ご了承下さい。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP