格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

トップ > アジアLCC > イースター航空

イースター航空(韓国)の口コミ・評判・感想

イースター航空(Eastar Jet、ZE)
韓国のグンサン(群山)を拠点とする格安航空会社。2007年設立で、2009年1月に韓国国内線初就航。2011年に札幌(新千歳)、成田に就航し、2012年には関西に就航しました。国際線については、中国の春秋航空と提携しています。キャッチフレーズは「驚きの価格で特別な思い出をプレゼントする国民航空会社」とのことです。

イースター航空とは?

韓国の格安航空会社LCCは、機内サービスが充実している会社が多いですが、イースター航空は機内食のサービスはなく、ドリンクのみです。価格は成田−仁川が片道8000円〜12000円程度になっています。諸費用込みでおおむね往復2万円〜3万円程度の設定です。

運賃は往復・片道のどちらでも購入できますが、往復で買うことで安くなるようになっていますので、往復運賃が基本です。座席指定や預け手荷物は無料です。手数料など諸費用の金額もホームページでわかりやすく表示されています。

イースター航空の口コミ・評判・感想まとめ

  • 安いが、成田−仁川は関空発に比べると割高。成田発の釜山路線に比べても高い。
  • 機材は新しくて快適。
  • 座席はゆったりしている。全然余裕。
  • 機内は水とオレンジジュースだけ無料。
  • 機内の壁のイラストがかわいい
  • 荷物が15kgまでなので、あまりお土産を買って帰れない。
  • 荷物チェックは厳しい。追加料金を取られている人もいた。
  • 機内販売は韓国ウォンがお得。日本円だと高い。

イースター航空の運賃・料金制度

イースター航空は、片道運賃の組み合わせでチケットを購入できますが、往復運賃が安くなる仕組みになっています。現地滞在期間による価格の違いはありません。

イースター航空独自の割引として「直前割」と「グループ割」がありましたが、現在はありません。運賃体系はシンプルになり、ウェブサイトで表示された価格表でチケットを購入できます。ただ、直前でも空席の多い便は安いこともあり、出発直前の成田−仁川が片道4,000円などということもあります。ただし、出発2日前になると、緊急手数料として2,000円がかかります。

イースター航空のチケットは、全て変更・払戻が不可能です。この点はご注意ください。

上記の運賃のほかに、燃油サーチャージ、空港使用料、保安料、保険料、取扱手数料が別途かかります。成田から仁川を往復すると、サーチャージ、空港使用料、諸費用だけで1万円程度になります。

成田−仁川のある日の合計金額は、以下のようになりました。

・往復航空運賃 : 18,000円
・燃油サーチャージ : 1,500円
・空港使用税及び諸費用 : 5,090円
・保安料・保険料 : 680円
・合計 25,270円

機内サービスはドリンクが提供されます。水とジュースのみで、アルコールはビール(ピーナッツ付き)が5000ウォン(または500円)にて販売されています。カップラーメンが3000ウォン(または300円)、ブランケットが10000ウォン(または1000円)販売されています。

ご覧のとおり、円で購入すると非常に高くつきますので、ウォンで購入することをお勧めします。

イースター航空の手数料

緊急手数料 
 出発2日前以内の予約発券の手数料。2,160円。
機内持込手荷物(無料)
 3辺りの和が115cm以下、重量が7kg以内のもの1個まで。無料。
預け手荷物(無料)
 3辺の和が203cm以下、15kgまで無料。
超過手荷物料金 
 超過分1kgあたり1,000円。

預け手荷物の3辺の和が203cm以下というのは、比較的寛容な大きさです。ただし、15kgまでというのは若干厳しめで、オーバーしやすいので注意しましょう。

広告

イースター航空のマイレージ・サービス

イースター航空にはマイレージサービスはありません。

イースター航空の口コミ・評判・感想

日韓路線は安売りの多い路線で、大手航空会社でも往復3万円程度の航空券が普通に販売されています。また、燃油サーチャージもそれほど高額ではありません。激安ツアーも数多く設定されています。

それに対し、イースター航空の運賃は、普通に買うと総額でおおよそ往復で2万円台後半で、「激安!」というほどではありません。タイミングによっては安い場合もありますが、週末などはとくに割安感はありません。

「スケジュールを見比べて、フライトが便利かどうかで決めている。その意味では大手と同じ土俵」と冷静な感想を漏らす人もいます。「価格表を見ながら、安い時期を見て買っている」という感想もありました。

ただ、イースター航空の長所として、往復の日数制限がないことがあげられます。韓国の他のLCCでは、最安値チケットは往復の日程に制限のある会社が多いのですが、イースター航空なら長期滞在にも使えます。一方で、「1泊2日でも使えるのが便利」という人も。じつは、大手航空会社は1泊2日の格安航空券が結構高いのです。それに比べると、イースター航空は使い勝手がいいのが特徴です。

イースター航空では機内サービスは極小化され、ドリンクしか出てきません。楽しい免税品販売もありません。ただ、飛行時間2〜3時間の日韓路線ですから、この点で不満を述べる人はほとんどいないようです。

機内食はありませんが、カップラーメンやお湯で戻すタイプのビビンバの販売があります。成田線では食べる人は少ないようですが、飛行時間の長い札幌線では食べている人も多いようです。「ビビンバは結構おいしい」そうなので、試してはいかがでしょうか。

実際に搭乗した人の体験談や感想では「荷物の重量チェックはしっかりしている」とのこと。つまり、15kgを越えると追加料金を取られてしまう、ということです。「韓国でたくさん買い物をする人はやめた方が良い」とのアドバイスも。追加1kgにつき1000円の料金ですので、数キロオーバーの人は、宅配便にしたほうがいいでしょう。仁川空港内にサービスがあります。

機体も新しく、スタッフの対応もよく、問題ない航空会社」という感想が多いです。ただ、成田も仁川も「チェックインには並んで時間がかかった」という声がありましたので、早めに空港に到着した方が良いようです。

スケジュールは韓国を早朝に出て、日本を昼頃に出るため、あまり使いやすいとは言えません。

使用機材はボーイングB737-700で、2001年〜2005年頃に製造された機体が多いです。座席はエコノミークラス149席です。これは、JALの同型機国内線150席とほぼ同じ。シートピッチは大手航空会社と同じ水準といっていいでしょう。

イースター航空の総合評価

機内サービスを簡略化して、手荷物の重量制限を厳しくしたのがイースター航空です。それ以外の点では大手航空会社レガシーキャリアとあまり変わりません。つまり、機内サービスと手荷物制限の分だけ値段が安い、と考えればいいでしょう。大手と比べて1〜3割引程度の価格ですが、それが機内サービスと手荷物の代金、と考えれば合理的です。

時折発売されるキャンペーンチケットや、直前の安さは大手にはない価格設定なので、乗るならこういう運賃を狙いたいところ。また、大手航空会社がピーク運賃を設定する時期でも比較的安価なので、その時期も狙い目でしょう。あとは、滞在日数が好きなように設定できるのもメリットです。

使い方を選べば、他社にはない安さで旅行できる航空会社。それがイースター航空かもしれません。 

※口コミ、評判は、当サイト関係者の乗車した印象や、実際に乗った人からの感想を集めたものです。公平を心がけていますが、主観が混じっていますので、ご了承下さい。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP