トップ > 基本情報 > 遅延・欠航

格安航空会社LCCの遅延・欠航時の対応

格安航空会社LCCを利用する際に注意することとして、遅延・欠航時の対応があります。大手航空会社ですと、自社都合で欠航した場合は他社便に振り換えてくれたり、ホテルを手配するなどの対応を取ってくれます。それに対し、格安航空会社LCCは、そうした対応を取らないのが原則です。

広告



自社便への振替か払戻のみ

たとえば、ピーチ航空では、遅延・欠航が起きた場合は、「Peachの他の便への振替」と「払い戻し」のどちらかしか対応しません。他社便への振替は行いません。たとえピーチの不手際が原因で遅延・欠航した場合でも、この措置は同様です。

スカイマークは振替可

一方、スカイマークでは、同社が原因の遅延・欠航に限って(機材故障など)、他社便やその他輸送機関への振替を行うことがあります。実際、スカイマークの羽田線では、機材故障などによる欠航について、ANAやJALへの振替はたびたび行われます。

こうした対応は格安航空会社LCCでは珍しいですが、同社はこれが評価されて利用者が増えた側面もあります。一つの営業施策といえます。

悪天候時の遅延・欠航については、ピーチ航空と同様、他社便や他の輸送機関への振替は行いません。

スカイマークの対応は良心的ですが、世界の格安航空会社LCCでは珍しい部類に入ります。一般的には、「一切振替なし」が格安航空会社LCCの国際標準で、ピーチの対応(一切他社振替なし)は普通といえます。

ジェットスターは、ホテルの補償

ジェットスターは、自社都合で欠航した場合に、ホテルの手配を行うなどの対応をしています。実際に発生したケースでは、搭乗予定だった乗客に対し、宿泊費を負担し、8000円分の同社旅行券を配布するなどの手厚い補償をしました。

同社の運送約款では、「欠航によって生じる可能性のある費用の支払いについては責任を負いません」と規定しています。一方で、同社には「運航の乱れに際した対応マニュアル」もあり、欠航対応はそれに基づいたものだとのことです。ただ、他社振替はしていませんので、スカイマークとは対応が若干異なります。

遅延・欠航時は待機するのみ

一般的には、格安航空会社LCCで「機材故障による遅延・欠航」などに遭遇した場合、その会社の別の便が用意されるまで空港などで待機することになります。上記ジェットスターの対応でも、ホテルは用意したものの、「次の便が出るまで待機」したことには代わりありません。

ただ、ジェットスターの対応は例外的で、ほとんどのLCCでは、待機中に食事やホテルなどの提供はありません。そうしたリスクは全て乗客が背負うことによって成り立っているのが、格安航空会社LCCの格安運賃なのです。

なお、欠航時の次便が満席の場合についですが、原則的には「空席のある便が出るまで待機」しなければなりません。ただ、実際には臨時便が設定される場合がほとんどで、現地に何日も置き去りにされて出られない、というケースは稀です。

遅延情報は空港サイトでチェック

遅延は許容するとしても、せめて自分が乗る便の運航状況などはあらかじめ知りたいものです。しかし、格安航空会社LCCの場合は、自社サイトで遅延に関する情報をあまり提供していません。ピーチは最近は自社ウェブサイトで公開するようになりましたが、ジェットスター・ジャパンなどは行ってみるまでわからない、という状況です。

遅延情報は空港のウェブサイトでも公表されています。成田空港や関西空港の遅延情報はわりと早くて正確なので、出発前には空港サイトも確認しておきましょう。

海外LCCでは、払戻は期待薄?

格安航空会社LCCといえども、欠航時は払戻に応じてくれる会社がほとんどです。ただし、仕組みの上ではそうなっていても、残念ながら海外LCCではスタッフの対応が悪いことが多く、現実には払戻手続きがスムーズにいかないことも多いです。これは大いに改善すべき点ですが、現実として、欠航時の払戻も、「してくれたらラッキー」くらいに思っておいたほうがいいでしょう。

LCCは遅延・欠航が多い

遅延・欠航についてこれほどくどくど書くのには理由があって、格安航空会社LCCでは、遅延・欠航が多いのです。なぜなら、LCCでは機材の数が限られているため、どこかでトラブルが発生したときに、代替機を用意できないからです。そのため、一度トラブルが発生すると、その後の遅延がどんどん増幅していくのです。

「LCCに乗るときは、その後丸一日予定は入れておかない」というのはベテラン利用者の弁。忙しい方は、大手航空会社を利用しましょう。時間のある人に向いているのが、格安航空会社LCCです。