格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

トップ > 基本情報 > 基礎知識

格安航空会社LCCとは何か

一口に「格安航空会社LCC」といっても、さまざまな会社があり、そのスタイルも一様ではありません。このページでは、まず格安航空会社LCCの基本的な仕組みについて解説します。

「低価格」であればLCC

格安航空会社に明確な定義はありませんが、一般的には、コストを削減して低価格を実現している航空会社をさします。コストが低い、ということで、欧米では「ローコストキャリア」略してLCCと言われます。

日本ではピーチとジェットスターが2大LCCとされ、そのほかバニラエアや春秋航空日本もLCCに分類されます。

一方で、スカイマークができたときにも、初めての格安航空会社とされました。スカイマークは欧米の格安航空会社に比べればサービス水準は高いので、「LCCとは言えない」という意見もあります。

明確な定義もないので、このサイトでは、たんに「低価格を目的として設立された新興航空会社」を「格安航空会社」「LCC」と呼ぶことにします。具体的には国内のピーチ、ジェットスターの2大LCCに加え、スカイマーク、エアドゥ、ソラシドエアなども加えています。海外ではライアンエア、サウスウエスト、ジェットスター、エアアジア、春秋航空などです。

会社によって仕組みが異なる!

格安航空会社LCCは、会社によってずいぶん仕組みが異なります。手荷物などのオプションがほとんど別料金になる会社もあれば、大手航空会社と似たようなオプション条件を提供している会社もあります。国内でも、スカイマークはほとんど大手航空会社と同じような運賃条件ですが、ピーチは預け手荷物などは別料金です。

ですから、一口に「格安航空会社」といっても、予約する前にその条件をきちんと確認する必要があるのです。

新興航空会社でも「レガシーキャリア」がある

従来型のフルサービスの航空会社は「レガシーキャリア」や「フルサービスキャリア(FSC)」と呼ばれることがあります。大手航空会社は全てが「レガシーキャリア」「フルサービスキャリア」です。

新興航空会社でも、「レガシーキャリア」に近い存在の会社もあります。国内では「フジドリームエアライン(FDA)」がそれに近いでしょう。同社は格安を狙って作られた会社ではなく、格安航空会社LCCではありません。いわゆる「地域航空会社」ですので、ローカル路線専門のレガシーキャリアといえます。ただし、最近では割引運賃を多く導入していることもあり、このサイトでも紹介しています。

また、「スターフライヤー」も、LCCよりはレガシーキャリアに近いといえます。同社も運賃水準が大手より低いので、このサイトで紹介しています。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP