格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

トップ > アジアLCC > エアプサン

エアプサンの口コミ・評判・感想

エアプサン(エアプサン、Air Busan、BX)
韓国のプサン(釜山)を拠点とする格安航空会社。アシアナ航空が出資しています。2007年に設立され、翌2008年12月に韓国国内で初就航しました。2010年に福岡線で日本に初就航、以後、関西、成田、新千歳に就航しています。チャーター便ですが、LCCとして羽田昼間に初めて路線を開設しています。

国際線はアシアナ航空との共同運航便(コードシェア)になっています。そのためか、機内サービスもの水準は高く、軽食やドリンク類は無料提供。格安航空会社LCCと呼ぶにはためらわれる印象です。

エアプサンとは?

エアプサンはアシアナ航空系の格安航空会社です。成田−釜山の運賃は、往復で諸費用込み20,000円程度〜の設定です。日韓線は大手航空会社でもそれほど高くはありませんから、それほどの激安感はありませんが、成田発にしては割安感があります。運賃は往復が基本で、片道ずつ購入すると割高になります。座席指定や預け手荷物は無料。こうしたシステムを見る限り、実質的にはレガシィキャリアとそれほど変わらない航空会社といえます。こうした仕組みは、韓国の格安航空会社LCCにほぼ共通しています。

エアプサン航空の口コミ・評判・感想まとめ

  • 安いことは安いけれど、驚くほどではない
  • 機材は古め。そのせいか、シートはゆったりめ。
  • 成田線はわりときちんとした機内食が出る。ドリンクも無料。
  • ビールも無料で驚いた。
  • 新聞サービスがあった。LCCでは初めてみた。
  • コストパフォーマンスには優れる会社だと思う。

エアプサンの運賃・料金制度

エアプサンは、格安航空会社LCCにしては珍しく往復を運賃を基本にしています。現地滞在期間により価格が異なり、14日間まで滞在の「SMART14 SPECIAL」が最安値。「SMART6M」(6か月間)、「SMARTY」(1年間)と、期間が長引くにつれ価格が上がっていきます。いずれも払い戻しには高額手数料がかかります。「SMART14 SPECIAL」は払戻・変更不可です。このほか、バーゲン運賃が設定されることもあります。

上記の運賃のほかに、燃油サーチャージ、空港使用料、諸費用が別途かかります。釜山空港は使用料が高いため、燃油代と空港使用料・諸経費で1万円近くなります。

成田−釜山のある日の合計金額は、以下のようになりました。

・往復航空運賃 : 17,000円
・燃油特別付加運賃 : 3,000 円
・空港使用税及び諸費用 : 5,140円
・合計 25,140円

機内サービスは成田線の場合、軽食とドリンクが提供されます。軽食は釜山行きがサンドイッチとフルーツ、成田行きがカレーライスなどです。飛行時間が短いので、それほどしっかりしたものではありませんが、短距離の格安航空会社LCCのミールとしてはなかなか豪華です。枕は500円、ブランケットが1000円で販売されています。

エアプサンの手数料

便名変更手数料 
 乗る便を変更した場合の手数料。多くの割引運賃では、帰路の変更可で、4,000円かかります。「SMART SPECIAL」では変更不可です。
取消手数料 
 いわゆるキャンセル料。多くの割引運賃では6000円かかります。「SMART SPECIAL」では取消不可です。
機内持込手荷物(無料)
 3辺りの和が115cm以下、重量が10kg以内のもの1個まで。無料。
預け手荷物(無料)
 3辺の和が158cm以下、20kgまで無料。
超過手荷物料金 
 超過手荷物計算方法 = 公示運賃 ×(1.5% × 超過kg)。

超過手荷物料金の目安は、東京便が1kgあたり約1,300円、大阪便が約900円、福岡便が約500円になります。

広告

エアプサン航空のマイレージ・サービス

エアプサンにはFLY&STAMPプログラムという会員優待プログラムがあります。ホームページで航空券を購入するとスタンプがもらえ、一定数を集めると無料航空券に交換できます。だいたい同一区間を15往復程度で、同じ区間の無料航空券にたどり着きます。

エアプサンの口コミ・評判・感想

日韓路線は、そもそも安売りの多い路線で、大手航空会社でも往復3万円程度の航空券が普通に販売されています。また、燃油サーチャージもそれほど高額ではありません。また、激安ツアーも数多く設定されています。

それらに比べると、エアプサンの運賃は、絶対額では「激安!」というほどではありません。最安値はさすがに安いですが、かなり先に予約しないと取れません。それ以外のチケットですと、「普通にお手頃」という印象です。

ただ、エアプサンは、格安航空会社LCCとはいえないようなサービス水準です。日本でもエア・ドゥやソラシドエアは、格安といいながら高い機内サービスを提供していますが、それに近いものがあります。格安といえども機内で食事を出すのは韓国のお国柄なのかもしれません。

実際に搭乗した人の体験談や感想を見ても、「LCCなのに、乗務員の対応は大韓航空より上」「ドリンクも出るし、食事も出るし、LCCとはいえない」「機内は清潔で、全く問題ないレベル」という声が多数を占めます。格安航空会社LCCにありがちな「狭い、汚い、サービス悪い」といったような苦情をあまり聞かないのがエアプサンです。「大手航空会社と比べても、上位に入るようなサービスレベル」と絶賛する意見もあります。そもそもアシアナ航空の撤退した路線に就航してきたのがエアプサンなので、基本はアシアナの伝統を受け継いでいるのかも知れません。

スケジュールは日本を午後から夕方に出るフライトが多く、あまり使いやすいとは言えません。コードシェアしているアシアナ航空の補完的な時間帯に飛行しています。

機材は成田線がエアバスA321。2003年製造の機体です。座席数は195。最大220席を詰め込める機種なので、ゆったりしたシートピッチといえそうです。また、関西線はB737-400で、これは、1996〜1997年に製造され、アシアナ航空で就航してきた機材と思われます。座席数は162で、JAL国内線の同型機が150席で、それに比べて2列分詰め込んでいますので、若干窮屈に感じるかもしれません。

エアプサンの総合評価

格安航空会社LCCに分類されるエアプサンですが、サービス内容はほとんど大手航空会社と変わりません。関西、福岡線が若干席が狭いくらいで、それ以外はほとんどレガシーキャリアと変わりないでしょう。座席指定すら無料サービスになっていて、エアプサンはいわゆる「手数料商法」はしていない会社です。

機内食もしっかり出しますし(成田線)、ビールだって無料。スタッフもフレンドリーで、ほとんど文句を見つけることのできない会社といえます。

※口コミ、評判は、当サイト関係者の乗車した印象や、実際に乗った人からの感想を集めたものです。公平を心がけていますが、主観が混じっていますので、ご了承下さい。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP