格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

エアアジアの手荷物の制限のポイントと対策

エアアジア(エアアジア・ジャパンも含む。以下同)では、手荷物に関するルールが厳しいです。予約していた以上の荷物を持っていくと、思わぬ手数料を請求されることもありますから、注意が必要です。

エアアジアの機内持ち込み手荷物のサイズと重量

エアアジアで機内に持ち込みできる手荷物は1人1個です。サイズと重量は以下の通りです。
・サイズ:各辺の長さが56cm×36cm×23cm以内
重量:総重量を7kg以下
お土産物など全ての細かい荷物も一つの機内持ち込み手荷物の中に入れ、総重量を7kg以下としなければなりません。実際には小さなポーチなどを別で持っていても何か言われることは稀ですが、ルール上は「荷物は1つ、重さ7キロ以内」とされていることを理解しておきましょう。

機内持ち込み荷物は搭乗者の前の座席の下か、座席頭上の手荷物入れに収納しなければなりません。

エアアジアの預け手荷物のサイズと重量(国際線)

エアアジアの国際線の預け手荷物(受託手荷物)は、一つあたりの重量が81cm (高さ) x 119cm (幅) x 119 cm (奥行き)、 重さ32kgを超えないものとします。日本発の場合で、事前支払の受託手荷物料金は以下の通りです。

  • 重さ20kgまで 3,900円
  • 重さ25kgまで 4,900円
  • 重さ30kgまで 5,900円
  • 重さ40kgまで 7,900円

搭乗当日にカウンターで手荷物料金を支払うときは、値段が上がります。国際線の当日支払の受託手荷物料金は以下の通りです。

・重さ20kgまで 6,000円
・重量超過料金  1kg につき 2,000円

エアアジアの手荷物預けへの対策

エアアジアの場合、受託手荷物は事前支払で払っておいたほうがトクです。当日預けの価格が高いので注意です。機内に持ち込もう、と思っていても、当日「重量オーバーで持ち込めません」と言われたりする可能性もありますので、不安な方は事前に最低限の20kg分を払っておくのがベターでしょう。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP