格安!激安!格安航空会社をお得に使いまくるためのサイトです。

格安航空会社LCC研究所

格安航空会社LCCの座席

格安航空会社LCCは安いですのが、乗り心地はどうでしょうか。ここでは、座席を中心に乗り心地を解説します。

一般的に、格安航空会社LCCの飛行機の座席も狭いです。どのくらい狭いかというと、シートピッチや座席幅が、大手の飛行機よりもだいたい3〜5センチくらい狭いと考えておけばよいでしょう。足の長い人や、太った人には窮屈に感じられますが、小柄な女性からはあまり気にならない、との声も多いです。

座席は大手よりも数センチ狭いことが多い

格安航空会社LCCの飛行機は、ほとんどがエコノミークラスのみで、シートピッチも狭いです。

ただし、座席の広さは会社や機材によってかなり異なります。LCCなのに「座席の広さ」をウリにしている会社もあるほどです。たとえば、アメリカのジェットブルー航空の座席ピッチは34インチ(86.4cm)と、既存の大手航空会社よりも広めです。

また、大手航空会社と同じ水準の座席の会社も少なくありません。スカイマーク、エア・ドゥ、ソラシドエアなどの新興航空会社系は、大手航空会社とほぼ同じシートピッチです。ジェットスターは国内線は狭いですが、国際線のシートピッチは大手航空会社とほとんど変わりなく、JALと共同運行しているほどです。

さらに、大手航空会社よりもシートが豪華な場合もあります。スターフライヤーがその代表格で、全座席がJALの「クラスJ」に近い水準です。「大手より安い運賃で、大手より豪華な座席」を実現している、といえます。

LCCだから狭い、という先入観は捨てよう!

ということで、当サイトが調べたところでは、格安航空会社LCCだからといって、必ずしも座席が狭いというわけではない、ということが言えます。たしかに、エアアジアXや春秋航空などは「詰め込み」で窮屈ですが、国内LCCのスカイマークやエア・ドゥなどは大手とほとんど変わりありませんし、スターフライヤーは大手よりも豪華です。海外LCCでも、あまり詰め込んでいない会社もあります。

ただ、ピーチやジェットスター・ジャパンなどは、大手航空会社に比べてやや詰め込んでいます。とはいえ、たとえ詰め込み型であっても、「苦痛で仕方がなかった」という感想はほとんどありません。飛行機の座席は欧米人でも乗れるようになっていて、日本人は体型がそれほど大きくありませんから、ゆとりがあるのです。

ビジネスクラスもあり

格安航空会社LCCのなかには、ビジネスクラスを持っている会社もあります。代表例がエアアジアXのプレミアムシートで、乗った人の感想では、「大手航空会社のビジネスクラスを想像するとがっかりするが、プレミアムエコノミーと考えれば十分」ということです。エアアジアXのプレミアムの場合は、シートテレビがなかったり、ラウンジが使えなかったりという差はありますが、座席はゆったりしているので利用価値は高い、とのこと。

ジェットスターのビジネスクラスになると、いちおうラウンジもあります。が、これもJALやANAのラウンジを想像するとがっかりするそうです。また、シートも、エコノミークラスよりは広い、という程度で、やはり「プレミアム・エコノミーの水準」と考えた方が良いでしょう。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP